自分のボディデザイン戦略を立てよう

ボディデザインもビジネス同様、戦略的に行う
ボディデザインもビジネス同様、戦略的に行うことで、最大限の効果を発揮する
日々ボディデザインに励んでいるけれど、なかなか結果が出ない。そんなとき、皆さんはどのようにしていますか。別なトレーニングを足してみたり、トレーニングに加えて食事制限も行ってみたりなど、それまでの方法に何かしらのアレンジを加えてみるのが一般的だと思います。

そこで、皆さんに改めて質問です。そのアレンジ、一体どんなことを根拠にして加えていますか? きっと、「なんとなく必要に感じたから」という方が多いのではないでしょうか。もちろん、そういったひらめきや感覚はとても大切です。これまでの結果を自分なりに考慮して加えたものでしょうから、おそらく方向性は正しいのではないかと思います。しかし、せっかく行うのですから、最大限に効果的なトレーニングを実践したいもの。そのためには、ボディデザインにおいてもビジネス同様、データ分析をしっかり行い、戦略的に進めていく必要があるのです。

ボディデータを把握して、効果的な戦略を

明確な理由なしに「なんとなく」始めたトレーニングは、たとえそれがきちんと結果の出るものだったとしても、「なんとなく」先が見えないように感じられ、ゴールにたどりつくまでに諦めてしまいがち。ですから、ゴールである目標設定をしっかり行い、その実現に向けた効果的なプロセスで実践していくことが必要なのです。そのためには、まずあなたの体のデータをしっかり把握しておくことをおすすめします。体にまつわるデータは、
・身長      
・体重
・BMI      
・体脂肪率
・基礎代謝 
・胸囲、腹囲などのサイズ
・消費、摂取カロリー

など、ざっと挙げただけでもこれだけあります。これらのデータには、あなたの体に関する大切な情報がつまっています。数字に振り回されすぎるのはおすすめできませんが、実際にデータを記録し、可視化することは、戦略的に理想ボディに近づくための実に重要なポイントです。