指摘されて凹む前にしっかり手を打つ

いつの間にかクッキリとしわが
高をくくっていると、気がついたらいつの間にかクッキリとしわが刻まれていたということにもなりかねません
アンチエイジングやスキンケアって女性だけがやるものだと思っていませんか? もしそうだとしたらそれは危険な勘違い。肌の老化に性別は関係ありません。むしろ、皮脂の分泌も多い上に、紫外線、寝不足、不摂生など、とかくさまざまなストレスに晒される男性の肌にこそエイジングケアが不可欠なのです。

特に30代に入ると肌コンディションも加齢と共に着実に下り坂へ。吹き出物など肌のトラブルが発生しても、治るのに時間がかかったり痕が残ってしまうことが増えてきます。 まだまだ大丈夫だと自分に言い聞かせている人ほど、周囲の人から指摘されてハッと気づき、意外なほどショックを受けたり凹んだりしてしまうもの。皆さんはそんな経験ありませんか?

自分で気づきにくい表情ジワに要注意!

大事なケアポイント
額や目尻のシワ、ほうれい線が大事なケアポイント
とは言いつつ、お腹のたるみや髪の具合は気にしても、肌のシワやたるみなどの老化には無頓着な人がまだまだ多いのが現実でしょう。その原因の一つは、毎日の洗顔時や手洗いなど鏡を毎日見ているせい。いつも目にしているので肌状態の変化がわかりにくく、しかも大抵の場合、自分で鏡を見るときは無表情なので、増えたシワにも気がつきにくいのです。一方で、普段人と接する時は笑ったり、驚いたり、眉間に皺を寄せたりとさまざまな表情をしていますよね。だから他人には逆に目立ってしまう……。笑ったときにできる笑いジワはご愛嬌だとしても、それ以外のシワはやはり抑えたいもの。特に女性からは、男性の額にできるシワはいただけないとの声も。

当たり前のことですが、老化をハッキリと感じてから途端にジタバタしてももう手遅れ、「最近疲れた顔しているね……」と言われる前に、今からできるエイジングケアを始めましょう!