何気ない自然な動き、それこそが猫足の凄さ

プジョーRCZ
試乗モデルは最高出力200ps/最大トルク275Nmを発生する直噴1.6リッターツインスクロールターボエンジンに6MTが組み合わせられたモデル。0-100km/h加速は7.6秒、最高速は240km/hとなる

試乗したのは200psバージョンだった。高性能仕様ならばこそ、今や2ペダルのツインクラッチシステム(プジョーも開発済み)でなきゃ、ではあるが……。

試乗してみると、たびたび失礼な話ながら、想像していた以上に楽しい、というか大変気分よく乗れるクルマだった。

パンチはあるが決して過激ではないエンジンパワーをフルに使って加速するさまは、なかなか上質だし、クルージングに入ってからの安定感もよくできたGTというべき類のもの。

ワイドトレッド、低い重心位置が効いているのだろう、潔くコーナーへと突っ込み、そこから立ち上がってゆくまでの一連の動きは正にプジョーマジック、つまりは猫足。トレースするサマ、その間のレスポンス、いずれも人の感覚に自然な動きである。機械原理で計算され尽くした、たおりと堪えと弾み、でもって、いとも簡単に気持ちよく駆け抜けてくれる。その何気ない凄さが、プジョーの猫足だと言っていい。

となれば、なおのこと、2ペダルが欲しくなってきた。

プジョーRCZ
大きく張り出したフェンダーも特徴的。エンジン音にもこだわり吸気系に新サウンドシステムを装着。ターボの過給圧に応じて共鳴するダイヤフラムを設けることで巡航時の静粛性を保ちつつ、加速時に適度なエンジン音を室内に響かせる

プジョーRCZ
ダッシュボードには優しい手触りの新素材、プジョーテクノテップを採用。シート高は308CCより45mm低められスポーティさが演出された。また、他のプジョーモデルがデジタル時計を備えるのに対し、こちらはアナログ時計とするなど細部も差別化が図られている
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。