“独立心旺盛なAMG”を体現する最新モデル

M・ベンツE63AMG
Eクラスをベースとしたハイパフォーマンスモデル。AMGが独自開発した、最高出力524ps/最大トルク630Nmを発生する6.2リッターV8エンジンを搭載する。サイズは全長4895×全幅1870×全高1440mm。価格は1495万円

M・ベンツE63AMG
M・ベンツE63AMG
大型スポイラー、左右17mm拡大したフロントフェンダー、LEDナイトドライビングライトなど専用品を多数装着

ブランド初のオリジナルエンジン63ユニットにはじまり、もうじき日本上陸予定のオリジナルスポーツカーSLS AMGと、最近のAMGはメルセデスノーマルラインナップとの差別化を明確に図ってきた。

メルセデス・ベンツに対する独立性。それを強めることでAMGブランドの価値をいっそう高めようとしているのではないか。最近のAMGモデルに乗るといつも、“独立心旺盛なAMG”という想いにいたる。

最新モデル、E63AMGでもそれはハッキリと感じられた。もちろん、SLSとは違ってメルセデス・ベンツEクラスというベンツ中のベンツがベースモデルではある。そこは、今までと変わらない。63ユニット搭載が最大の特徴だが、すでに先代モデルから積まれてはいる。それでもなお、単なる最上級グレード的な存在ではなく、これまで以上に特別なモデルであると感じた。なぜか。

M・ベンツE63AMG
リアディフューザーとツインクロームエグゾーストエンドが特徴的なリアスタイル。トレッド幅を56mm拡大した専用設計のフロントアクスルや、電子制御スポーツサスペンションと減衰特性を切り替えられるダンピングシステムを組み合わせた特別な足回りをもつ

走りについては次ページ