アメリカ市場に向けた“復活の狼煙”

8Cスパイダー
スチール製フレームにカーボンパネルを用いた、アルファロメオの最高級オープンスポーツ、8Cスパイダー。世界限定500台のうち日本への割り当ては70台とされ、価格は2650万円となる。ボディサイズは全長4381×全幅1892×全高1366mm

ちょっと想像しづらいけれども、ヴィンテージカーの世界におけるアルファロメオのブランド力は抜群だったりする。特に戦前のモデルは、ヴィンテージスポーツカーマニア垂涎の的。毎年、日本のお盆の時期に開催されるペブルビーチのコンクールデレガンスやラグーナセカのヒストリックカーレースを見物(近々にリポート予定)すれば、その人気の高さを肌で感じることができる。

8Cスパイダー
2006年のパリサロンに初登場したクーペモデルの8Cコンペティツィオーネ
アルファロメオが8Cコンペティツィオーネという名の高級スポーツカーをリリースした理由のひとつは、その栄光の歴史を良く知る熱心なクルマ好きが多いアメリカ市場にふたたび(か三たびか四たびか分からないけれども)上陸し、成功したいという強い意志があったから。思えば8Cだってコンペティツィオーネだって、ヴィンテージアルファの有名モデルから拝借したネーミングだ。8Cコンペティツィオーネは、言ってみれば、アメリカ市場に向けた“復活の狼煙”でもあった。

北米市場を重要視するというなら、オープンモデルの追加は必須だろう。クーペの8Cコンペが登場したときから、スパイダーモデルの追加は噂されており、実際、スパイダーのコンセプトカーが、8Cコンペティツィオーネの生産が決定するずっと前、2005年に既に披露されていた(ちなみに、クーペのコンセプトはさらに古く、2003年)。

そして、2008年春。ジュネーブショーにおいて正式に8Cスパイダーが発表される。クーペと同様に、全世界500台限定。日本へは70台前後が予定されており、まだ数台の枠が残っているらしい。日本へのデリバリーは来年中旬の予定だ。

8Cスパイダーの詳細は次ページ