■1.2万円程度で金貨をゲット!
■プレミアムの分だけ金地金より割高?
■売却益は譲渡所得として課税される
■地金型金貨投資のデメリット


1.2万円程度で金貨をゲット!

今週の節約分。もうちょっとで金貨1枚が買える! がんばろう~っと。

今週の節約分。もうちょっとで金貨1枚が買える! がんばろう~っと。

もともと地金型金貨は、比較的少額で購入できる、売買手数料がかからない、保管に場所をとらない、資産を分散する、等の理由から根強い人気がありましたが、リーマンショックを契機に人気がヒートアップし、一部の金貨は品薄状態になっています。因みに、金の平均価格は、2009年1月は2,531円/g、9月は2,952円/gと、16%強上昇しています。

地金型金貨には純度99.99%の24金と22金の2種類があります。メイプルリーフ(カナダ)、ウイーンハーモニー(オーストリア)、カンガルー(オーストラリア)などは24金(いわゆる純金)、イーグル(アメリカ合衆国)、ブリタニア(ブリタニア)などは22金で、どちらかと言うと24金の金貨に人気があります。地金型金貨の大きさには、1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスの4種類があります。ちなみに、田中貴金属店の2009年10月30日16時のメイプルリーフ金貨、ウィーンハーモニー金貨の税込み小売価格・買取価格は、
<税込み小売価格>
  • 1オンス  109,344円
  • 1/2オンス  55,713円
  • 1/4オンス  28,823円
  • 1/10オンス 11,802円
<税込み買取価格(プレミアムあり)>
  • 1オンス   101,854円
  • 1/2オンス   51,897円
  • 1/4オンス   26,025円
  • 1/10オンス  10,546円
です。なお、売買時には5%の消費税がかかります。購入時の消費税は売却時に上乗せすることができます。


金地金と地金型金貨はどっちがお得? 詳しくは次ページで