6.1型ワイド「ナブユー」の追加で全サイズ・ラインアップ

この春に3.5インチ画面のコンパクトPND、NV-U3Cを発売したばかりのソニーが、早くも新作を発表。8月11日から発売する予定だ。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/8/4/01.jpg
NV-U3DVは6.1型ワイドディスプレイを採用。ボディサイズは幅182×高さ106.9×奥行き25.3ミリ。発売は8月11日の予定で実売価格は65.000円前後が予想される

最新作のNV-U3DV(オープン価格/実売価格は65,000円前後を予想)は、6.1型ワイドモニターを採用。これで、3.5インチ・コンパクトモデルのNV-U3C、4.8型ワイドモニター採用のNV-U3/U3Vと、3つのサイズをラインアップ。現在、PNDはだいたい7インチクラス/5インチクラス/3.5インチクラスの3サイズに分かれているが、そのすべてのカテゴリーに商品を投入したかっこうだ。

NV-U3DVはナブユーU3シリーズ中、最も進化したモデル

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/8/4/02.jpg
クレイドルと本体の着脱はワンタッチ。VICSユニットはクレイドル側に接続する
NV-U3DVの内容だが、モニターの大きさ以外の装備・性能的にはNV-U3Vで、情報面がより充実したと思えばいい。つまり測位精度を高めるためにジャイロ&気圧&加速度センサー=「ポジションプラスG」を搭載し、別売のVICSビーコンユニットの追加も可能。ワンセグチューナーを内蔵しているのでTV番組が楽しめるし、メモリースティックDUOのスロットを備え、ビデオ再生や音楽再生、写真の画面表示も可能だ。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/8/4/03.jpg
ちょっと見えにくいが50/25メートルスケールの詳細市街地図を収録。前モデルよりも収録エリアが拡大
内蔵メモリーは4GBと、NV-U3V/U3やNV-U3Cと変わらないが、市街地図の収録エリアは、NV-U3V/U3やNV-U3Cに比べ、面積比で約2.5倍に拡大。道路データや電話番号検索データは08年12月、住所データは08年11月など、最新のものを収録しているし、徒歩モード・プラスや、2段階案内の交差点拡大など、NV-U3Cで初めて採用された(NV-U3V/U3には無い)機能も採用している。つまり、U3シリーズの中で、最も進化したPNDがNV-U3DVというわけだ。

次ページはNV-U3DVの取付性と操作性