前回に引き続き、07年新作ナビの概要を、テーマごとに分けてお届けしよう。part2の今回はクラリオンとパナソニック「ストラーダ」。

クラリオンMAX9700DT(34万1,250円)


04.jpg
TVや雑誌で紹介されたスポットなど楽しい検索情報が充実

プロフィール

昨年モデルのMAX960HDをベースに12セグ/ワンセグの地デジチューナーを加え、モニター周囲のパネルをブラックに変更するなど、多少の化粧直しを施したようなスタイル。しかし、DVDでのデータ更新が可能になるなど、中身は大きく進化しているようだ。2DIN一体型でモニターは高精細なVGAの7型ワイド。MAX9700DTはMDプレーヤーとDVD/CDプレーヤーを搭載しているが、MDプレーヤー無しのMAX8700DT(32万250円)も用意する。

地デジチューナー

付属の地デジチューナーは12セグ/ワンセグの自動切り替え式。2チューナーの2系統合成ダイバー機能で、双方の信号を補完し受信する。アンテナは2本を標準装備しているが、アンテナ端子を4個装備しているので別売アンテナを2本追加できる。これを加えると、スイッチングダイバー方式により、受信状況の良いアンテナを選んで受信する。

インターネット連携

005.jpg
TVや雑誌で紹介された話題のスポットを検索できるTVサーチのデータは専用サイトからダウンロードしてナビに転送できる
クラリオンナビならではの特徴的な機能がTVサーチ。これはTVや雑誌などで紹介された話題のスポットを検索できる機能。番組や雑誌名ごとに選んだり、ジャンルで選んだり、エリアで選んだりできる。このような情報は鮮度が命だから、Webサイトを通じて、月1回の頻度で最新情報を提供。SDカードを介して、ナビ本体のデータを更新できるので、常に最新の話題スポットに出かけることができる。

多メディア対応

DVD/CDプレーヤー部は、DVDオーディオの再生にも対応。iPodを聴くには別売アダプターが必要だが、音楽を聴くだけではなくビデオの再生(第5世代iPod)もできる。圧縮音源はMP3/WMAが再生可能。CD-R/RWやメモリーカードに収録したファイルだけではなく、DVD-R/RWに収めた圧縮音源も再生できる。圧縮音源の圧縮過程でカットされた高域を復元するサウンドリストアラーという機能も搭載。

その他の特徴

クルマに乗り込んですぐに操作できるかは、カーナビ操作の快適性を印象づけるポイントのひとつ。クラリオンナビはその点に着目し、キーONから約5秒で地図を表示する高速起動を実現した。クルマ1台を家族で共有している場合、ここのお好みの設定を4ユーザー分登録できるユーザー切り替えや、2次元バーコードを読み取ることで、地図を携帯電話で外に持ち出すことができるマップクリップ、3Dメニューのファンリングなど、楽しく快適な機能を搭載する。

次ページはパナソニック「ストラーダ」の最新モデルを紹介