AVナビはオーディオ機器だ

01.jpg
ワンセグ内蔵の2DIN一体AVナビ、ケンウッドHDV-990(236,250円)
いまカーナビの主流は2DINサイズのボディにナビ機能もDVD/CD再生などのオーディオ&ビジュアル機能も一緒に詰め込んだAVナビだ。つまりカーナビであると同時にAV機器でもある。

その使い方だが、地元の知っている道を走る日常の運転ではカーナビの道案内機能は必要なく、せいぜい渋滞を確認する程度。その間もラジオを聞いたりCDの音楽を聴いたりしているわけで、頻度からするとAV機器として使っているほうが圧倒的に高いといえる。

つまりAVナビは、見かたによってはむしろ、ナビ機能よりもAV性能のほうが重要。そんな観点で今売られているAVナビを見てみると、ケンウッドが新発売したHDV-990(236,250円)は魅力的かつコストパフォーマンスに優れたモデルだ。

USBで多彩なデバイスに対応

ケンウッドHDV-990は、40GB HDDを搭載した2DINワンボディのAVナビ。表面のモニターはタッチパネル式の7型ワイドで、その裏にはDVD/CDプレーヤー、ワンセグチューナー、AM/AMチューナー、最大出力50W×4アンプを含む各種オーディオ機能が搭載されている。

02.jpg
USBマスストレージクラスに準拠したUSBデバイスを接続、再生できる
最大の特徴はUSBを備えたこと。そのおかげでiPodを接続して再生&コントロールできるのはもちろんのこと、メモリーオーディオプレーヤーやUSBメモリー、CFなどのメモリーカード(USBカードリーダーを使用)など、USBマスストレージクラス準拠のUSBデバイスに記録した音楽を楽しめるようになった。

対応フォーマットはMP3/WMA/AACの3形式。これらの圧縮音源はカーナビのHDDの空き領域にUSBを通じて高速転送できる。HDDへの収録曲は最大で約4,500曲(1曲約4分換算、128kbps)だ。


次ページは動画への対応力をチェック