走りが大幅に進化!ターボのデキもイイ!

ミニバンの市場が成熟化する中で、単に室内が広くて多人数乗車が可能なだけでは、ミニバンからミニバンに移行するユーザーに満足してもらえなくなり、新しい魅力を追加したミニバンが増えています。

新型MPVも低床・低全高の新しいパッケージングによる広くて快適な室内や直噴ターボ仕様エンジンによるスポーティな走りなど、これまでにない特徴的な性能を備えています。また価格がけっこう安めに設定されているのも特徴で、240万~280万円くらいの価格帯で手に入れることができます。先に発表されたエスティマとは価格帯にはっきりした違いがあるので、エスティマとはほとんど競合しないのではないかと思います。

エスティマもそうですが、MPVも旧型モデルが累計で25万台も売れるなど大きな保有母体を持っています。そうした基盤ユーザーを中心に販売していくことになるのでしょう。

新型MPVの走りは、けっこうデキの良いクルマでした。特に走りが良くなっていた点に好感が持てました。強いて言えば、ATが4速だったのがちょっと不満でした。今回用意されていたのは自然吸気エンジンを搭載したFF車で、この仕様だけが4速ATと組み合わされています。4WD車やターボ車は6速ATですから、どうせなら自然吸気エンジンのFF車も6速ATにしたら良かったのにという感じです。

MPVターボの走りはけっこう具合が良いものでした。ミニバンとターボの組み合わせは、あっても良さそうなのに意外にないものでした。でもターボのトルクを生かした走りは重量級ボディのミニバンにはマッチしていて、それも自然吸気エンジンに近い自然な吹き上がりのターボにしている点がとても好感が持てました。

MPVは上の写真のスポーティな外観と標準仕様の外観を2種類用意している
ターボ(と4WD車)は6速ATと組み合わされることも、走りの気持ち良さにつながっています。ターボにすることで、排気量が小さくすすむ分だけ自動車税が安上がりになりますし、MPVのターボでは燃費性能は他社V型6気筒並み以上、燃費もそれ以上と高い環境性能を確保していますから、いろいろな意味で良いクルマに仕上がっています。

またターボ車の価格設定が案外割安なのが注目されます。23Cスポーティパッケージに20万円ほどプラスするとターボ仕様の23Tが買えるのです。搭載エンジンの性能が大幅に向上し、ATが6速になって、18インチタイヤを履いて強化されたブレーキが装着されるなど、走りの性能が大きく向上したモデルが20万円の差ですから、当面はターボ車が高い比率で売れるのは間違いないでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。