ヒュンダイのイメージを変える1台

ヒュンダイは2001年から日本市場に参入したものの、苦戦しているというイメージを持たれています。

インパネの質感などもドンドン良くなってきている
ただ、すでに累計の販売台数は1万台に達しており、日本市場に参入した外国メーカーとしては、最短ペースで1万台に到達したということです。そのヒュンダイが満を持して投入する主力モデルがソナタで、ヒュンダイモータージャパンの社長に就任したばかりの菅原社長から熱のこもったプレゼンテーションが行われました。

ソナタはアメリカではカムリやアコードとのベストセラーかー争いに加わる勢いの売れ行きを示しています。かつてアメリカでは品質問題でイメージダウンになった時期がありましたが、その反省から品質重視のクルマ作りを進め、現在では日本車に匹敵し得るレベルに到達しつつあります。アメリカでの評価の高まりもそうした品質向上を反映しているといえます。

1800mmを超えるワイドボディに2.4Lエンジンを搭載した3ナンバーセダンなので、国内でどこまで売れるかは疑問ですが、ヒュンダイのイメージを変える1台になりそうなクルマです。

今回から冬のソナタで有名になったペ・ヨンジュンをCMに起用し、日本のユーザーに訴求していくとのことです。

関連サイト
ヒュンダイオフィシャルサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。