アルファードに装着された100万円分のオプション


マイナーチェンジを受けたアルファードの試乗会に用意されていた試乗車には、100万円を超える価格のオプションが装着されていました。その内訳は以下の通りですが、これにはいろいろな説明が必要です。

HDDナビなど 602,700円
G-BBOOKα 63,000円
VSC+TEMS 136,500円
SRSサイドエアバッグなど 73,500円
レーダークルーズ 84,000円
パワーバックドア 57,750円
ETC 40,950円
合計 1,058,400円

まず最も高いのが60万円を超えるカーナビですが、これは単なるカーナビを買うのにとどまりません。トヨタの最新テレマテックスであるG-BOOKアルファに対応するHDDナビであるほか、10スピーカーの5.1サラウンド付きのスーパーライブサウンドを始め、後席ワイドディスプレー、クルーズコントロールのレーンモニタリングシステム、バックガイドモニター、ブランドコーナーモニターなどがセットされています。これによってトータルで60万円を超えるカーナビになってしまうのです。

かつて、クルマの価格が30万円違うとひとクラス上がると言われたものですが、最近はDVD方式のカーナビ+オーディオで30万円くらいするのが普通になり、たいていのクルマを買うときに30万円くらいの予算の余分を見なければならなくなっています。アルファードではそれが倍の60万円になるのですから、これはふたクラス上のクルマを買うのと同じになる計算です。でもアルファードのふたクラス上って何なのでしょう。

別掲のように、VSCやTEMS、SRSサイド&カーテンエアバッグなどの安全装備がオプション設定されていますが、これらの安全装備は早期に標準装備化を図ってもらわなければなりません。安全に効果があるものなら、標準装備にするのが当然だと思います。本体価格を安く見せたいがために、VSCやサイドエアバックの標準装備化が進まないのが日本実情ですが、全車に標準層装備することを早めに宣言したほうが、企業イメージも上がると思いますがどうでしょう。

レーダークルーズやETC機器などは必要とするユーザーとそうでないユーザーがいるからオプションでも仕方ありませんが、このように総額で100万円を超えるようなオプションになると、クルマを買おうとしているのかオプションを買おうとしているのか分からなくなるような感じもあります。軽自動車1台分のオプションというのが本当にありなのかどうか、自動車メーカーの価格戦略、オプション戦略をしっかり見極めたいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。