3リッターV6エンジンは、パワーやトルクがややアップしているものの、C5に積まれているものと基本的に同じ。車重が1.8tを越えるのに力不足を感じないのは、ATが6速であるおかげだろう。エンジンは3000rpmを越えると吹け上がりが軽くなる、つまり回すことを好む性格だが、音は特別静かでも気持ちいいわけでもなく、ATのマナーも平均レベル。歴代ビッグ・シトロエンがそうだったように、この部分に感動することはなかった。



注目の足まわりは、プジョー407と共通のサスペンションをベースに、C5のハイドラクティブ3を発展させた、オイルとガスを用いた電子制御アクティブサスペンションを融合させた方式。車高は高速では低く、悪路では高くと3段階に変わり、速度や路面に応じて3段階を自動的に変え、さらに室内のスイッチで4段階の選択が可能。固さは別のスイッチでコンフォートモードとスポーツモードを選ぶことができる。



車高はノーマルのまま、まずはコンフォートモードで走り始めた。そのときの感触は、旧型のXMより、2世代前のCXに近い。低速では段差や継ぎを正直に伝える代わりに、うねりは他車の5倍ぐらいの時間をかけて吸収していく。XMや他メーカーの電子制御サスペンションがフラットなのに対して、こちらはいつもフワ~ンと揺れ続けている。