1.5XGはオススメ!

スズキの勢いが止まらない。一昨年前に登場したスイフトの劇的な変貌に続き、エスクードも素晴らしい乗り心地になった。そして今回のSX4は、スイフトをベースとして仕立てられたとあらば、当然、期待度が高まるのである。SX4は、コンパクトでありながらSUVの機動性をクロスオーバーさせたハッチバックである。よりSUVの流れを汲んだ1・5XGと、スポーツ性能を堪能できる2・0Sに試乗した。

まず1・5XG。スタイルからしてルーフレールにタイヤ周辺のブラックガードと、オフロードの匂いがちりばめられている。運転席の着座位置も高く、後席&荷物スペースも十分にあり身軽なコンパクトカーのよさと自由なSUVの気分を簡単に味わえる。

そして感じるのはインテリアの質感。スイフト以降、スズキの「質」の出し方は根本的に違う。いままでは軽自動車を国内に向けて頑張って作っていたのが、コンパクトカーの技術をもって世界戦略する、というスタンスに明らかに変わり、世界水準に合わせられた。SX4も運転席に座った瞬間、無駄のないラインで構成された居心地のよさにほっとする。

エンジンをスタートさせた瞬間に感じる、エンジン音&振動のシャットアウト具合。不快な空気の動きを乗る人のいる空間に伝えまいと、防音防振処置が施されているのだ。コンパクトカーであろうとも手を抜かない、欧州車のようなテクニックと考え方である。となると走らせてもその心地よさは続き、エンジンが動いているあいだ中、その気持ちいい感触を享受することができるのだ。ステアリングに対する素直な反応と、低速トルクのあるエンジンも十分である。

対して2・0S。こちらは17インチタイヤが装着されているせいもあるが、少し動きがシャープ。そしてなぜか1・5Lよりも音&振動にラフさが目立つ。一般的にエンジンが大きいほうが高級と位置づけ、遮音に力を入れるのだが、どうもSX4の場合はそうではないようだ。特に2・0Sは「走り」というイメージで仕立てられたため、エンジン音をバックミュージックにという考えなのである。

私的には1・5XGはかなりそうとうにお勧め! 2・0Sについてはお好きな人は、という感触である。

スズキ・SX4のホームページはこちらから。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。