F1ファンもGTファンも2輪レースをかじろう!

シーズンオフ企画第2弾は「4輪レース」と「2輪レース」のそれぞれの面白さについて解説しながら、それぞれのファンの垣根を取っ払っていこうという企画です。今回はF1やSUPER GTなどの4輪レースが大好きな方に、2輪レースにも目を向けて頂こうということで、2輪レースの面白さについて分かりやすく解説していきます。
HSV-010とレーサーバイク

<ガイド、辻野ヒロシも元々は4輪レースファン>
All About「モータースポーツ」のガイドであり、鈴鹿サーキットなどでレースアナウンサーとして活動中の僕はシーズンが始まると、4輪レースはもちろん、2輪レースからカートまで「場内実況アナウンサー」としてレースに関わっています。

今や4輪の情報も2輪の情報も追いかける僕ですが、実はレースアナウンサーになるまでは2輪レースのことはほとんど知りませんでした。過去に「鈴鹿8耐」などの2輪レースの観戦経験はあったんですが、好きなレースは4輪レースでした。見習いの頃、当初は4輪レース担当でしたが、何の知識も無いのに突然2輪ライダーへのインタビューをまかされたり、いろんなことで揉まれていくうちに、いつの間にか2輪レースの実況も担当することになりました。
全日本ロードレース、2年連続王者、中須賀の走り。
【写真提供:MOBILITYLAND】
ハッキリ言って知識は皆無に等しかったので、かなり勉強しましたし、お客さんの気持ちを理解するべく「自動二輪」の免許も取得しました。そして、250ccのバイクを買ってツーリングに行ったりしているうちに、バイクの素晴らしさを知り、2輪レースにのめり込んで行ったような感じです。今ではレースの「熱さ」という意味では4輪レースより2輪レースに興奮を感じるほどです。
HONDA VTRでツーリング中のガイド
僕のように職業柄で2輪レースに親しむことになるのは特殊な例だと思いますが、少なくとも知識ゼロから2輪レースファンになったわけですから、僕の経験というか疑問に思ったなどを書くことによって、少しでも2輪レースを好きになるキッカケにしてくだされば良いかなとも思っています。

とはいえ、2輪レースは4輪レースに比べて、情報も少なく。世間一般的な目線で言うと、選手の知名度も低いと言わざるを得ません。また、4輪レースに比べるとレース車両の見た目がよく似ているので、印象に残りづらいのも事実です。それも踏まえて、今回は4輪レースファンの方にも分かりやすい視点で、2輪レースの魅力をご紹介していきましょう。