最新鋭の設備が整えられたコントロールタワー!

最終コーナーよりの2階に設置されたコントロールタワー

レースの競技役員らの仕事場であるコントロールタワーも最新鋭の機材が導入された。レースの状況を把握し、瞬時に判断し、レースオフィシャルたちに指示を出すことが必要なコントロールルームはピットビルの最終コーナー側に設置されている。従来のおよそ2倍の広さになり、よりコースに近い3階から2階に移動された。
コントロールタワーの最新設備


世界中へレース情報を配信するメディアセンター!

レースファンにはあまり関係のないエリアかもしれないが、メディアセンターも近代的なものに変貌を遂げた。100V、200V、電話、LANアウトレットを完備したワーキングデスクが400名分設置されており、国際レース開催時の海外メディアにとっても仕事がしやすい環境になっている。
無数のモニターが並ぶメディアセンター


次のページへ