コンパクトカーからスポーツカーまで混走レースが登場!

鈴鹿クラブマンレースはアマチュアならではの激しいバトルが展開される。

三重県・鈴鹿サーキットで開催されているアマチュアレース『鈴鹿クラブマンレース』に今年から新しいカテゴリーが登場することになった。

新たに設定されるのは『スーパーツーリングクラス』というもの。その名の通りツーリングカー=ハコ車のレースなのだが、このレースは車種を限定したワンメイクレースとは異なり様々な車種が参戦可能なのが特徴だ。

昨年まで同レースでシリーズ開催されていたツーリングカーレースといえば、「FFチャレンジ」と「EK9」がある。しかし、「FFチャレンジ」はシビックEG6とEK4、「EK9」はその名の通りEK9型のシビックタイプRを使用したもので、どちらも旧式のシビックを使用したものだった。EG6、EK4、そしてEK9もすでに街でほとんど見かけなくなった年代物の車両であり、中古車市場での玉数も減少してきている。

新しく登場する『スーパーツーリングクラス』は車種を限定していないクラスであるため、自分の好みの車両で参戦できる。中古車市場に安く出回っている程度の良いハコ車を見つけ、レース仕様に改造することで週末にレースを楽しむことが可能なのだ。極端な話、奥さんのマイカーを買い替える時、下取り価格があまりに安ければ、売らずにそのままレース仕様に改造してしまえば最高の「オモチャ」にすることができる。(AT車両からの改造も可)

レースはやりたいけど、いきなりフォーミュラカーなどのレース専用車両の購入となると躊躇する人にとっては『スーパーツーリングクラス』は気軽に参戦できる嬉しいカテゴリーだ。

どんなクルマが参戦できるの??

人気のヴィッツレース!ヴィッツも参戦可能であるため良い練習のチャンス?

『スーパーツーリングクラス』は「スーパーツーリング1」と「スーパーツーリング2」の2つのクラスに分けられて開催されるが初年度の2009年は混走で開催される。

レギュレーションによると参加可能な車両は「2009JAF国内競技車両規則第1編第3章(一般規定)、第4章(安全規定)に従い、通常に国内モデルとして、生産、販売された公認、登録車両」とされている。

2クラスのクラス分け、及び該当する車両の例は以下の通り。

【スーパーツーリング1】 気筒容積が901cc~1500cc

トヨタ・ヴィッツRS(1496cc)、日産マーチ(1240cc)、マツダ・デミオ(1498cc)、ホンダ・フィットRS(1496cc)などのコンパクトカー

【スーパーツーリング2】 気筒容積が1501cc~2000cc

トヨタ・アルテッツァ(1998cc)、マツダ・ロードスター(1998cc)、ホンダ・インテグラDC5(1998cc)、ホンダ・シビック・タイプR(1998cc)、ホンダS2000(1997cc)などのスポーツタイプ車両

出場車両はロールケージで補強するなどJAFのN1規定に基づいての改造が必要となる。ちなみにスーパーツーリング2にはエアロパーツなどの規定も定められている。また排気量によって最低重量も定められている。

次のページへ