F1パイロットを目指す塚越広大にインタビュー

塚越広大
あなたは塚越広大というレーシングドライバーをご存知だろうか?

今や4輪レース界では知らぬ者は居ないほどにまで有名にな塚越。先日、成人式を迎え、大人の仲間入りを果たしたばかりだ。「天才少年」と形容される年齢ではなくなった。F1という目標にフォーカスを当て、成長を続ける塚越広大に話を聞いた。

【塚越広大 プロフィール】
1986年栃木県出身。
98年にJAFジュニアカートチャンピオンに輝き、03年にはレーシングカートの最高峰であるFSAクラスのチャンピオンとなる。翌年から18歳未満の実績あるドライバーに与えられる限定ライセンスを取得し、フォーミュラカーレースにデビュー。05年にはフォーミュラドリームで全戦全勝の偉業を成し遂げ、06年は全日本F3選手権にフル参戦。マカオGPへの挑戦も果たした。

塚越にとって試練の2006年。

フォーミュラドリーム時代の塚越広大
現在の日本のレース界には次の時代のF1を牽引する若手ドライバーが数多く存在する。塚越広大はその中でも一際注目を集める存在だ。

彼の非凡な才能は05年のフォーミュラドリーム全戦全勝という記録が証明している。向かうところ敵無しのオーラが漂っていた2005年。しかし、全日本F3選手権にフル参戦した2006年は周囲の期待をよそに意外な程にもがき苦しんだ年となった。

全日本F3選手権を戦った塚越広大の走り
(写真提供:鈴鹿サーキット)
昨年を振り返って塚越はこう語る。
「去年は試練の年でした。本当にうまくいきませんでした。スタートで何度もミスをしてしまって、あせりがあせりを生んで、速さがあっても強さが無かったですね」 

ポールポジションは何度も獲得したがスタート時のミスが目立ち、優勝は僅かに1回のみ。シリーズランキングも6位と不本意なシーズンになった。レースウィークの塚越の顔は曇りがちだったが、周囲の反応はどうだったのだろうか?

塚越広大のルーツとなるのはレーシングカート。
「フォーミュラドリーム時代の調子の良さを見た人は僕のことをトントン拍子で上がってきたエリートのように思うかもしれないけど、僕はそうじゃない。初めて味わう苦しみじゃないか?ってみんな言うんですけど、カート時代には苦しいシーズンはよくありました。あせることもあったし、壁がいくつもあった。

僕にもそういう時代があったんですよ」
 

確かにフォーミュラにデビューした時の塚越はセンセーショナルだった。関係者だけでなくファンも「天才少年を見つけてしまった」という感覚に陥ったが、当の本人はあくまで冷静だった。好調な時も常に悩み苦しんでいる「本当の自分を見て欲しい」と塚越は語る。

次のページでは初参戦となったF3マカオGPについて話を聞いてみよう。