自分で買うならノア。なぜなら……

インテリア
インテリアの使い勝手はいい。とくにワンタッチで収納できる3列目シートは秀逸
新型ノア/ヴォクシーの大きな目玉となっているシートアレンジもチェックしてみた。「これは良いアイデアですね!」なのが、チャイルドシートを必要とする幼児の乗降性を向上させるために考えられた「外側に回転する2列目シート」(チャイルドケアモードという名称。オプション設定)。

シート全体を外側に回転させられるため、室内に入り込むことなく幼児をチャイルドシートに「ご案内」可能。このシートアレンジだけで新型ノア/ヴォクシーを欲しくなってしまう人もいるかも。

ヴォクシーリアスタイル
ハンドリングと乗り心地もかなりよくなっている。もはや2リッタークラスのセダンと同等
アイデアものなのが3列目シートの収納方法だろう。背の高いミニバンの3列目シートはたいてい左右方向に跳ね上げて収納する形態なのだけれど、「腕力」を必要とした。

新型ノア/ヴォクシーにはワンタッチで3列目シートを収納できる機構が盛り込まれている。実際に使ってみると「今まで重いシートを自力で跳ね上げていたのは何だったのか」と思うくらい便利。ディーラーに行ったら、ぜひ体験してみて欲しい。

使いやすいインテリアや、サイズ以上の広さを感じる室内、乗用車と変わらない運転感覚など新型ノア/ヴォクシーは非常によくまとまった背高系5ナンバーミニバンに仕上げられている。ライバル車と迷ったら、ノア/ヴォクシーを選んでおけば間違いない?

ヴォクシー正面
いいクルマだけど、このイグアナ顔はちょっと……
そうそう。ノアかヴォクシーか、なのだけれど、自分で買うなら迷わずノアを選ぶ。ヴォクシーのフロントデザイン、なぜかイグアナに見えてしまいます。

【関連リンク】
ノア公式サイト
ヴォクシー公式サイト
トヨタ自動車お客様相談センター TEL0800-700-7700
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。