新型は2ランク上質!

ヴォクシー走り
新型ノア/ヴォクシーのエンジンは、使いやすさを重視した設定。低速トルクが豊かで運転しやすい。写真はヴォクシー。ノア、ヴォクシーともに価格は199万5000円~285万5000円
先代のノア/ヴォクシーは何と約80万台(!)を販売するという、トヨタにとってドル箱的な存在であった。しかもモデル末期まで販売台数も落ちなかったから驚く。とは言えデビューから5年半が経過。若干古さを感じる部分が目立ち始めており、技術革新が進む衝突安全性や歩行者保護といった法規への対応も必要。今回、最先端のスペックを持たせるべくフルモデルチェンジを行った次第。

まず試乗といこう。1台目は人気グレードとなると予想されている「ヴォクシーX“Lエディション”」。走り出してすぐ感じるのが「低速トルク豊富で運転しやすい」という点。標準グレードに搭載されるエンジンは先代のエンジンに比べるとカタログ上の数値で劣るものの、普通の乗り方で使用する回転域での扱いやすさを重視したミニバン向けのセッティングになっている。

組み合わされるCVTも滑らかで快適。静粛性や回転のスムースさだって文句ない! ハンドリングと乗り心地のバランスは、高い評価を得ていた先代モデルより一段と良くなった。乗り心地もボディ剛性の向上が効いているようで、2ランクくらい上質になっている。これまでミニバンがニガ手としていた動力性能やハンドリングは、もはや2リッタークラスのセダンと並んだと思う。

ノア
こちらはノア。ディメンションは両車共通で、全長×全幅×全高4595~4630×1695~1720×1850~1875mm。5ナンバーモデルと3ナンバーモデルを用意する
続いて、エアロパーツなどが付く「ノアSi」に試乗してみた。このグレード、燃費を向上させると同時にパワーを上げる「バルブマチック」という新技術を採用したエンジンが搭載されている。走り出すとカタログの数値通りに(標準エンジンの143馬力に対して158馬力)パワーある感じ。出足のフィーリングこそ変わらないが、3千回転あたりから元気一杯になります。

ハンドリングもインチアップされたタイヤサイズ等により、シャープな味付け(標準グレードに対して乗り心地の悪化は感じられない)となっているので「背の高いミニバンでも元気に走りたい」とか「8人フル乗車が多い」というユーザーだったら、こちらを選ぶのもいいだろう。

次ページでインテリアをチェック