3代目は海外市場向けのモデル

初代CR-Vは日本専用車だったものの、欧米で販売したところ大ヒット!

2代目モデルからホンダの大切なラインナップに成長した。しかし! SUV人気が去った日本市場を見ると非常に厳しい状況。「日本市場はやめようか、という意見も少なくありませんでした」(開発担当者談)。最終的に日本市場でも売ることになったのだけれど、当然の如く海外市場を強く意識したクルマ作りとなってしまう。というか日本市場向けに作っても売れない。正しい選択だと思います。

先代CR-Vとの大きな違いは、ボディサイズと車格感。2代目の開発コンセプトを聞くと「2リッタークラスのボディサイズと車格を目指していました」。ところが海外市場だと中途半端。もう少し大きいか小さいかしかない。小さい方を選ぶとスズキのSX4サイズとなり、CR-Vとしちゃ少し物足りない。そこで一回り大きくしたのである。ちなみにRAV4なども同じ理由により、現行モデルからググッと大きなボディになったワケ。

実車を見ると先代よりずっと高級に見える。インテリアデザインも凝っており、なかなか上質。デザインのことを解ってない人はフロントグリルが悪いと言うけれど、見慣れれば「個性的で良い」と評価されることだろう。CR-Vのメイン市場となる欧米じゃ大ヒット確実(ヨーロッパ向けは2,2リッターのディーゼルが売れ筋になる)。