サンフランシスコ市街地

先にも少し触れましたが、サンフランシスコは、町自体が小さく、公共交通機関も発達しているため、旅行者がとても歩きやすい町です。市街地の見どころは、海沿いのフィッシャーマンズワーフと沖に浮かぶアルカトラズ島、北側のマリーンカウンティとを結ぶゴールデンゲートブリッジ、ショップやデパート、ホテルが立ち並ぶユニオンスクエア周辺など。まずはそんな市街地の見どころから。

サンフランシスコの交通は、「サンフランシスコの交通・空港アクセス」をご覧ください。

市街地1 フィッシャーマンズワーフ周辺

フィッシャーマンズワーフのピア39

フィッシャーマンズワーフのピア39

フィッシャーマンズワーフは、ショップやレストラン、博物館などがある海沿いのエリアで、旅行者は絶対に外せない観光スポットです。フィッシャーマンズワーフのシンボルとも言えるカニのマークの看板のあるジェファーソンストリート(Jefferson St.)とテイラーストリート(Taylor St.)周辺には、カニやシーフードを販売するレストランや屋台が所狭しと並んでいます。

フィッシャーマンズワーフのシンボル

フィッシャーマンズワーフのシンボル

やはり、サンフランシスコと言えばカニ! ぜひぜひカニを食べてください。レストランでも屋台でも、メニューはいたってシンプルで、塩茹でされたカニがメインです。屋台ですと、カニを紙皿に盛っただけのものを渡されます。レストランですと、それに味付け用のレモンやソースなどが一緒に出てきたり、焼きガニなどがあったりします。

他にポピュラーなカニ料理は、ほぐした身をマヨネーズで和えたサラダや、それをパンにはさんだクラブサンドウィッチ。カニ丸ごとでも屋台で買えば10ドル程度と、激安なので、ここではたらふく食べておきましょう。

 
野生のアシカがたくさんいます!

野生のアシカがたくさんいます!

カニのマークの看板から東に10分ほど歩いたところにあるピア39(Pire 39)は、約100店舗のお土産物屋さんやレストランが並ぶ木造の桟橋です。小さな個性的なショップが多く、ウィンドウショッピングだけでも面白い場所。

ピア39周辺には、なんと野生のアザラシが生息していて、1日中アシカの大群が寝転がっている様を見ることができるのも面白い。アクアリウム・オブ・ベイ(水族館)や、3D眼鏡をかけてマシーンに乗る4Dライドができるシアターもあります。

 

リアル刑務所を体験できます

リアル刑務所を体験できます

フィッシャーマンズワーフからは、映画「ザ・ロック」などで有名なアルカトラズ島に行くことができます。アルカトラズ島はサンフランシスコの沖に浮かぶ島で、かつては刑務所として使われていました。現在は、観光地化されており、刑務所内を歩いてまわることができます。

島へはピア33から出発するツアーのみ、アクセス可能。「ツアー」と言ってもグループで行動するスタイルではなく、フェリーに乗って島に渡り、好きなだけ刑務所内を歩きまわって、都合のいい時間のフェリーでフィッシャーマンズワーフに帰ってくるというもの。夏の時期は、すぐにフェリーがいっぱいになるので、必ず事前に予約を!

 

グネグネ道にチャレンジロンバードストリート

グネグネ道にチャレンジロンバードストリート

フィッシャーマンズワーフ近くのケーブルカーパウエル-ハイド線の起点から、南に15分ほど坂を登ったところに、ロンバードストリート(Lombard St.)と呼ばれる観光スポットがあります。そこは、ハイドストリート(Hyde St.)からリーベンワースストリート(Leavenworth St.)まで下る、車が1台しか通れないグネグネ道。

道路は、レンガが敷き詰められていて、左右には花壇があります。上からの一方通行で、この細い道の運転をチャレンジしようと、観光シーズンには長い列ができています。