サンフランシスコと周辺エリアガイド

坂の街サンフランシスコの強い味方はケーブルカー

坂の街サンフランシスコの強い味方はケーブルカー

アメリカ西海岸カリフォルニア州に位置するサンフランシスコ。ロサンゼルスと並んで日本からの玄関口として1日4本、直行便が運航されています。

「坂の町」と称されるサンフランシスコ。市街地はアップダウンを繰り返し、歩くにも車で移動するにもなかなか大変……。しかし、旅行者が主に歩く範囲は、東西南北8km以内。さらに言うと、北東側の4km圏内に集中しています。しかも、ケーブルカーやバス、地下鉄などの公共交通機関が発達していて、旅行者にはとても優しい街でもあります。

霧で全く見えないゴールデンゲートブリッジ

霧で全く見えないゴールデンゲートブリッジ

また、サンフランシスコは「霧の町」としても有名です。1年中霧がかっている日が非常に多く、5日の滞在中、ゴールデンゲートブリッジがキレイに見えたのは2日だけ、なんてことも良くある話……。

さらに、サンフランシスコは夏でも肌寒いことも特徴の1つ。夏の最高気温の平均は20度前後で、先日、お盆に訪れた時、友人の家では暖房を入れていましたし、フリースのジャケットを着ている人がたくさんいました。

夏の時期、霧の中あまり見えないゴールデンゲートブリッジを渡って北側のサウサリートやナパバレーに行くと、サンフランシスコの街中の天気が嘘のような青空が広がっています。また、1時間ほど南下し、サンノゼ周辺まで行くと、やはりこちらも夏らしい気候になるので、周辺も一緒にまわる人はそのつもりで服のご用意を!

ここでは、そんなサンフランシスコ周辺を、観光の中心である市街地と、モントレー&カーメルなどの南側、ナパバレーなどの北側、そしてヨセミテ国立公園に分けてご紹介します。