サンフランシスコの交通手段を乗りこなそう

ゴールデンゲートブリッジへは、バスでアクセス!

ゴールデンゲートブリッジへは、バスでアクセス!

主な観光地がダウンタウンの北側、海の近くに集中しているサンフランシスコ。なかでも観光の中心であるユニオンスクエアにはホテルやレストラン、ショッピングモールなどが集まります。観光エリアが非常にコンパクトにまとまっている上に、ユニオンスクエアを拠点にケーブルカーやバスなどが縦横無尽に走っています。そのため交通機関さえ上手く乗りこなせれば、短時間でたくさんの場所をみてまわれるはず。うまくスケジュールを立てて効率よく街を散策してください。

ここでは、そんなサンフランシスコ観光に役立つ公共交通機関の利用方法に加えて、日本からのアクセスと、サンフランシスコ国際空港から市内までのアクセスについてご紹介します。

日本からサンフランシスコへのアクセス

ワクワクする成田空港出発ターミナル

ワクワクする成田空港出発ターミナル

アメリカ西海岸にあるサンフランシスコはアメリカでも人気の観光都市で、日本からアメリカの他の都市に行く玄関口でもあります。2015年11月現在、日本からサンフランシスコ国際空港へは成田空港から1日2本、羽田空港から1日2本、関西空港から1日1本の直行便が運航中。

飛行時間は行きが10時間弱、帰りが気流の影響で12時間弱。日本の夕方出発して現地時間の朝到着するので、飛行機の中で寝てしまえば、到着した日をたっぷりと使うことができます。

サンフランシスコ国際空港からのアクセス

サンフランシスコ国際空港からダウンタウンまでは非常に近く、サンフランシスコ市の南13マイル(21km)の所に位置しています。市内の公共交通機関が発達しているサンフランシスコらしく、空港へ電車で簡単にアクセスができるため、とても便利です。

バート(BART - Bay Area Rapid Transit)で空港から市内へ

バートの車内はとてもきれい

バートの車内はとてもきれい

ベイエリアラピットトランジット、通称バートと呼ばれる電車です。名前に付けられているベイエリアとは、サンフランシスコやその周辺のサンフランシスコ湾一帯をさす言葉。バートはその言葉通り、サンフランシスコ湾を取り囲むようにサンフランシスコ国際空港の南ミルブルーから、北のサンフランシスコ、リッチモンドそして、湾を挟んで反対側のオークランド方面まで走っています。

バートは空港の国際線ターミナル(3階)に乗り入れているので、ターミナルから直接サンフランシスコ方面行の電車に乗ることができます。サンフランシスコ市内へ行くには、黄色い路線のピッツバーグ/ベイポイント(Pittsburg/Bay Point)行きに乗車を。ユニオンスクエア周辺に行くには、パウエルストリート(Powel St.)で下車します。料金は片道8.10ドル。

<DATA>
BART(バート)
料金:パウエルストリート(Powel St.)まで片道8.65ドル
時間:4時~24時頃(路線により異なる)
運行間隔:約15~20分