サンフランシスコを代表する観光名所!
フィッシャーマンズワーフ

カニのマークが有名!

周辺のパーキングはかなり料金が高いので公共交通機関でアクセスを!

サンフランシスコの有名観光地といえばフィッシャーマンズワーフ。海沿いのジェファーソンストリートを中心に、ショップやレストラン、博物館、お土産物屋さん、ホテルなどが並んでいて、いつも旅行者でいっぱいです。

旅行者が訪れるエリアはケーブルカーのパウエル-ハイド線の起点があるハイドストリートからショッピングモールのピア39までの間。この間は、歩けば15分ほどの距離ですが、ショップに寄りながらゆっくり歩くと半日以上は必要です。

パウエル-ハイド線は、サンフランシスコの観光の中心ユニオンスクエア近くから出発する路線で、フィッシャーマンズワーフを訪れるほとんどの旅行者が利用する最もポピュラーな路線です。

観光の中心、ジェファーソンストリート

フィッシャーマンズワーフ観光の中心になるのが、ジェファーソンストリート。大小さまざまなお土産物屋さんやブティック、ショッピングモール、レストランなどがこのストリート沿いに揃います。

サンフランシスコと言えば、カニのマークの看板

こんなに大きいのに案外見落としがちなので注意を!

こんなに大きいのに案外見落としがちなので注意を!

フィッシャーマンズワーフのシンボルで、ゴールデンゲートブリッジと並んでサンフランシスコを象徴するとも言えるカニのマークの看板。旅行者なら必ず写真を撮りたいものの1つです。これは、フィッシャーマンズワーフ内のとても目立つところ、ジェファーソンストリートとテイラーストリートの角にあります。

 

やっぱり食べたい! シーフードレストラン&屋台

20ドル以下でカニがおなか一杯食べられます

20ドル以下でカニがおなか一杯食べられます

フィッシャーマンズワーフ周辺には、カニやシーフードを販売するレストランや屋台がたくさんあります。ゆでたカニやシーフードサラダ、シュリンプカクテル、サワーブレッドに入ったクラムチャウダーなどが屋台の一般的なメニュー。屋台はどこで買っても値段はほぼ同じです。

レストランでは、シーフードパスタや焼きガニなどの少し手が込んだ料理を味わうことができます。料金は、屋台と比べると倍以上。ですが、テーブルに座ってゆっくり食事をすることができるので、食事として楽しみたい人におすすめです。中でも、広い窓から海を見ながら食事ができるレストラン「No.9 フィッシャーマンズグロット」が、ガイドのお気に入り!

 

小さなお土産物屋さんがいっぱい! ピア39

1階にあるファーストフードのシーフードショップがおすすめ

1階にあるファーストフードのシーフードショップがおすすめ

フィッシャーマンズワーフ内にあるアウトドアショッピングモールが、ピア39。木造の桟橋の上に約100店舗のショップやレストランが集まっています。洋服屋さんというよりは、お土産物屋さんやアーティストの1点物を扱う小さなショップが多いのが特徴。また、この周辺には野生のアシカが生息していて、1日中アザラシの大群が寝転がっています。さらに、水族館「アクアリウム・オブ・ベイ」や4Dライドが体験できるシアターもあります。

詳細はこちら>>>サンフランシスコのショッピングモール

<DATA>
The Fisherman’s Wharf(フィッシャーマンズワーフ)
住所:2 Al Scoma Way at Pier 47, San Francisco, CA 94133, USA
TEL:1-415-674-7503

Pier 39(ピア39)
住所:Beach Street & The Embarcadero, San Francisco, CA 94133
TEL:1-415-981-1280
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。