マフラーをコーディネートの主役に

寒いニューヨークではマフラーがキーアイテム。なぜって、冬はコートを着込んでしまうせいで、せっかくのおしゃれな洋服がコートで全部隠れてしまいがちだからです。ありがたい、でも表情に乏しいコートにワンポイント加えられるのがマフラーなんです。

マフラーのデザインや結び方一つで、コートの表情が変わります。コートは何枚も買えないけど、マフラーだったら取っ替え引っ替えが可能。しかも、無骨な感じになりがちなコートルックにフェミニンな雰囲気をプラスする効果も。さぁ、ニューヨーカーの賢いマフラーテクニックをおしゃれスナップを見ながら、研究してみましょう。

【CONTENTS】
  • Page 1:スーパーロングをわざとダラリ

  • Page 2:スカーフ感覚で遊ぶテク

  • Page 3:マフラーインで襟元すっきり



  • スーパーロングをわざとダラリ

    ロングマフラーをグルグル巻くのではなく、半分に折って、首からダラリと垂らしている人を多く見かけました。わざと長く垂らしたマフラーはコートの上に尾を引いて、主役のコートを食ってしまうほどの存在感を感じさせます。

    白いロングマフラーを前に長く垂らす
    写真1 ダークなアウターに映える、インパクトある白。
    ナイロンジャンパーとジーンズのシンプルな着こなしですが、白いロングマフラーを前に長く垂らすだけで、ダイナミックな動きが出てきます。
    歩くたびに揺れ、風にあおられて形を変えるマフラーはアクセサリー以上に目立つアイテムです。
    手編みっぽいニット帽とマフラーの温かみのあるダブル・ニット使いが利いています。


    ロングマフラーは足首にまで
    写真2 無造作まとめ髪もキュート。
    こちらのロングマフラーは足首にまで届こうかというほどの長さ。これだけ長いと、人目を引きます。
    写真1と同じく、カジュアルな着こなしですが、あまりラフに見えないのは、このマフラーのおかげかも。
    全体に寒色でまとめていますが、マフラーの表面に起伏があるので、寒々しくは見えません。


    後ろに流して、ボリューム感
    写真3 後ろに流して動きを演出。
    マフラーは前に垂らすばかりではありません。後ろに流して、ボリューム感を出すのもテクの一つ。
    動きが強調される上、マフラーが上半身を覆う割合がアップするので、マフラーの色や柄を生かせるようになります。ちょっとスポーティーな雰囲気になるので、写真3の女性のように、フード付きのジャンパーに合う見せ方です。


    おしゃれ上級者
    写真4 フロントだらりでダイナミック&セクシー。
    こちらはなかなかのおしゃれ上級者のようです。
    襟にファーをあしらったシックなコートに、とてもバルキーなざっくりした編みのロングマフラーを合わせてきました。
    黒地に白のコントラストはインパクト大。指先が出る白い手袋とのマッチングも冴えています。
    ベージュ系のウエスタンブーツがワイルドさを感じさせるアクセントになっています。
    コートを着込んでいるとは思えないほど、色、素材の種類が豊富で「お見事モテ女」といった仕上がりです。


    あでやかな色のマフラー
    写真5  派手色マフラーも合わせ方次第。
    白っぽいマフラーが続きましたが、あでやかな色のマフラーも見かけました。
    深いワインレッド系のマフラーを首に巻いたこの人は、全身黒一色のコーディネート。
    ボブカットの黒髪を生かしたマッチングは技あり。
    メイクでは目の周りにワインレッドに近い色を置いて、口紅ともども、同系色が響き合うように工夫しています。
    マフラーはただ無造作に結んだだけ。そのシンプルさがかえってワインレッドを生かしています。



    次のページスカーフ感覚で遊ぶテクの紹介です。

    【関連リンク】
  • NY流はブーツイン(2) コーディネートで魅せる!中級編

  • NY流はブーツイン(1) 初心者でも即マネ可能!ベーシック編

  • NYファッションが変わってきた!最新NYスタイルの傾向とは?

  • 旬ジャケットで即トレンド!NY流大人の着まわしテク