浴衣や夏着物は夏ならではのファッションの楽しみのひとつ。シーンやオケージョンに合わせたコーディネートも大切ですが、今回は、スタイルや顔立ちの印象を生かし、着る人の魅力を引き出し輝かせる色柄の選び方とコーディネートのコツをご紹介します!まずは「スタイル(体格から受ける印象)」から、貴女の個性をいかすコーディネートをご紹介します!

【CONTENTS】
Page1:大柄な方は、縞柄で目線を縦方向に誘導してすっきりと!
Page2:小柄な方は、やわらかな印象の柄で女性らしさを表現!

大柄な方は…
縞柄で目線を縦方向に誘導してすっきりと!~浴衣編


 
浴衣/石蕗(瑠璃紺) くるり
浴衣/石蕗(瑠璃紺) 29,400円(税込)サイズ:S・M・L ファブリック帯「松月」 14,700円(税込) ファブリック帯/松月(道明寺桜) 14,700円(税込) 帯締/昼夜三分紐(ぶどう) 5,040円(税込) 帯留/色のしずく(雪) 6,300円(税込) くるり

都会的でスタイリッシュな着物を提案する表参道の「くるり」。デニム着物ファブリック帯など、新しい着物文化を牽引するブランドの1つです。

「石蕗(つわぶき)/瑠璃紺(るりこん)」の浴衣は、古典美あふれる大胆な縞の上に、伸びやかな石蕗の蔓が這う、粋で優美な柄ゆきが特徴です。大胆な縞の上にバランス良く表した石蕗の葉のデザインが、大人っぽくて通好みのする構図をもち、粋すぎず、品があって女性らしい優美さも香る、モダンで、よりスタイリッシュさを感じさせる1枚です。

紺や黒などの引き締め効果のある深い色味、縦に流れる縞柄が目線を縦方向に向けさせることですっきりとした印象を与えます。さらに、茶色のファブリック帯「松月」や鮮やかな三分紐や帯締めで女性らしさをプラスすることで、粋すぎない大人の女性のコーディネートになります。

 
「石蕗(つわぶき)/瑠璃紺(るりこん)」浴衣 くるり
「石蕗(つわぶき)/瑠璃紺(るりこん)」浴衣 くるり

「石蕗(つわぶき)/瑠璃紺」の浴衣は、「綿紅梅(めんこうばい)」という素材を採用しています。綿紅梅とは、薄地に太目の糸を間隔をおいて織り込み、縞や格子のように凹凸を表現した木綿織物のことで、 シャリ感、清涼感が持ち味です。柔らかく張りのある風合いは、独特の美しさがあります。繊細に透けるので見た目にも爽やか、そしてさらりとした着心地も魅力の1つです。また、ロール捺染のため、切れ目のない美しい縞に仕上がっています。

大柄な方は…
縞柄で目線を縦方向に誘導してすっきりと!~夏着物編


 
「博多献上柄」夏着物 awai
夏着物/シルクコットン 168,000円(税込/仕立込) 名古屋帯/博多織・霰縞八寸 50,400円(税込/仕立込) 帯揚 参考商品 帯締 8,400円(税込) awai


ファッションとして、リアルクローズの着物を提案する「awai」。帯の産地として知られる博多織の織り元によるアンテナショップということもあり、無地感覚の着物に帯で変化をつける着こなし染めと織りの特性をふまえたコーディネートといった提案に特徴があります。

大柄な方には、「すっきりとした縞柄」がオススメです。ということで、「博多献上(けんじょう)柄」の夏着物をご紹介いただきました。「博多献上柄」は伝統的な柄ですが、配色のバリエーションはさまざまです。薄い色と濃い色の縞が交互にあらわれる配色はメリハリがあり、すっきりとした印象が感じられます。帯もすっきりとした印象のものでまとめました。

 
「博多献上柄」夏着物 awai
「博多献上柄」夏着物 awai


浴衣や夏着物に用いられる綿や綿麻といったハリのある素材をお召しになると、身体を大きく見せることもあります。柔らかい風合いのシルクコットン素材は身体のシルエットになじみます。体型のイメージを生かす素材を選ぶことも大切なポイントです。

⇒次は、小柄な方のための浴衣・夏着物のコーディネートをご紹介します!