ブルーを基調にした「さし色コーディネート術」

同系色や地味な色、ベーシックカラーによる配色は、オーソドックスで自然な印象を与えますが、どうも無難にまとまりすぎて平凡に感じてしまう。そんなときは、さし色でパッと明るく華のあるコーディネートで大変身!

ブルーを基調にしたコーディネートです。

*左側(奇数番号:1,3,5,7)は、ベーシックな配色。
*右側(偶数番号:2,4,6,8)は 、さし色で全体の色価を高めた配色。


1
ユニフォームに多いパターン。「水色」の上着と、「紺」のボトム、「黒」の靴。

2
ボトムはもっとグレイッシュに、靴はそれより赤紫寄りの「プラム」系にしました。コントラストを弱めてソフィスティケートな印象を演出。無彩色の「グレー」より、有彩色の「グレイシュなパープル系」にした方がほんのり色みが感じられオシャレです。

3
「白」のシャツと「ブルー」ジーンズ、シューズはシャツに合わせて「白」。夏によく見られる爽やかな配色。

4
シャツをキレイな「オフホワイト」や「生成り」に、ジーンズも「ブルー」の量を増やしてキレイめに。シューズを「セピア」にすると、ナチュラルで温もりのある配色に。

「イエローを含んだブルー」の、イエローの要素をシャツに、ブルーの要素をボトムに振り分けてみました。曖昧な色はレトロでノイズが入った感じ。キレイめの配色をつくりたい場合はクリアな色相対比をこころがけて。

5
上着、バッグ、靴は「黒」。「ブルー」のボトム。寒い秋冬は、体のほとんどを黒あるいは黒っぽい色にした装いが増えます。「黒」は何にでも使えるしわかりやすい色なので、誰でも持っています。

6
バッグの色を「赤」に、靴は暗い赤茶色の「マホガニー」にして、アクセントをきかせました。シンプルな素材ならモダンでカチっとしたイメージに、ドレッシーで柔らかい素材にすれば女性的なイメージになります。どちらかというと装飾的なスタイルが今年風。



【関連サイト】

秋のファッションカラー2002
ホワイトのコーディネート術
ベージュのコーディネート術
黒のコーディネート術

流行色 (おすすめリンク集<カラーコーディネートサイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。