マレーシアの交通事情

■国内での近距離移動
電車の切符は、窓口かこのような販売機で購入します。改札口は自動改札です

電車の切符は、窓口かこのような販売機で購入します。改札口は自動改札です

クアラルンプール市内の足としては電車、バス、タクシーがあります。バスはどちらかというと「地元の人々の足」という印象で、私たちには電車やタクシーの方が便利です。主な観光地にはたいてい電車でアクセスできます。

タクシーは基本的にメーター制で、初乗り(2km)が3リンギット(エクスクルーシフと呼ばれるタクシーは6リンギット)と格安なので、スコールや渋滞時を避ければ活躍度は高いでしょう。ただし、中には観光客に対して、法外な請求をする悪質なドライバーも……。乗車前にメーターを使ってくれるか確認するのがポイントです。

また地方にはメーターがなく、運賃は交渉制が基本というタクシーも残っています。地方に滞在する場合は、ホテルにタクシーを呼んでもらうか、専門業者のリムジンを利用するのが良いでしょう。レンタカーもありますが、地元の人々の運転はなかなかアグレッシブ!なので、不慣れな旅行者はそれなりの覚悟が必要かもしれません……。

 

■国内の長距離移動や近隣諸国への移動
格安航空券で話題のエア・アジアは真っ赤な機体が目印

格安航空券で話題のエア・アジアは真っ赤な機体が目印

最近、国内や近隣諸国への移動手段として人気なのが、エア・アジアという格安航空会社です。航空券代をセーブして、ホテルやショッピングで贅沢したい!という人は試す価値ありです。

 

マレーシアの治安

マレーシアは様々な魅力で、あなたを楽しませてくれるはず!

マレーシアは様々な魅力で、あなたを楽しませてくれるはず!

マレーシアは東南アジア諸国の中で、比較的安全な国と言われています。ただ、時に無防備な日本人はターゲットになりやすいのが現実。最も注意したいのはバイクを使ったハンドバッグのひったくりです。たとえ盗られなくても、バイクにひきずられて大けがを負うといった話はよくあります。バッグは肩からかけしっかり手で抱え、車道側に持たないように気をつけましょう。また携帯電話も狙われやすいので、使う場所は選んで下さい。

その他、人気のない路地、暗がりは避ける、夜の一人歩きは控えるなど、海外旅行の際に注意すべき点を守れば怖いことはありません! 念のため、外務省の各国・地域情報ページを渡航前にチェックすることをおすすめします。

旅行となると、あそこもここも!と普段より行動的になりがちです。日本の夏もマレーシアも、気温にそれほど差はありませんが、日差しがとても強いので、水分を意識して摂る、日傘や帽子を利用するなど熱中症にはくれぐれもご注意を。

また特殊な蚊を媒体とした「デング病」は免疫のない先進国の人々ほどかかりやすいとされています。こまめに虫除けスプレーを使ったり、気をつけたいところです。

同じアジアでありながら、なかなか触れる機会のなかった国、マレーシア。だんだんと興味、そして親近感が湧いてきませんか? その瞬間からあなたの「旅」は始まっています。是非ステキな旅を!

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。