借りられるのは年収の3分の1まで

総量規制が始まります。借りすぎはないですか?

総量規制が始まります。借りすぎはないですか?

貸金業法が改正により、いよいよ総量規制が導入される時期が近づいてきました。総量規制とは、一人あたりの貸付総額の上限が、年収の3分の1以下とするもの(貸金業法適応の業者からの借入れ分)。増えてきていた多重債務問題を解決するために設けられたものです。

いままでの貸金業法が2007年12月に改正され、改正事項は今までに段階的に施行されてきました。消費者金融などの貸付金利の上限が下がっていることにお気づきの方も多いでしょう。これも貸金業法の改正のひとつです。そしてもう1つの改正の総量規制。これについては最終期限となる2010年の6月までの導入とはなっているものの、実際はすでにはじまっています。
このことは、クレジットカードや消費者金融からキャッシングを利用している人には、必ず知っておいてほしいことです。

ただし、銀行のカードローンは銀行業法の管轄となり、総量規制の枠外となります。また、総量規制には「例外」「除外」という考え方があり、詳細は日本貸金業協会が主催する「総量規制とは|改正貸金業法」 に詳しく説明されているのでご参考ください。
 

「年収証明書類」の提出のお願い

クレジットカード会社などから「年収証明書類」の提出のお願いなどの案内を受け取った方もいると思います。これが総量規制のための調査の1つ。「1社からの借入残高が50万円を超える」または「総借入残高が100万円を超える」貸付の場合、貸金業者に借り手の返済能力の調査が義務づけられるのです。ただし、この金額の中には不動産や自動車に関するものは含まれません。

もし、この調査に応じなければどうなるでしょう? 面倒だとか、すでに限度額いっぱいに使っているのにいまさら年収証明なんて、などと思い案内を無視していたり、すでに基準を超えた借り入れをしているから出しにくくて、などと考えて調査に応じなければ、今後キャッシングなどお金を借りることに不利な事態が生じるでしょう。
そんな大切な調査です。