短時間で簡単に実験できるキットを使おう!

書店や大型トイショップに出かけると様々な実験キットが並んでいますので、 まずは興味が持てるジャンルの実験キットを探してみることから始めましょう。

実験に必要な材料がセットになった実験キットと実験方法が詳しくまとめられた冊子も活用すれば、 「まだ夏休みの宿題が終わっていない…」というお子さんでも、最短1日で自由研究が完成しちゃいます!

多くのジャンルが揃う!簡単に使える実験キット

新学研キットボックス じしゃくは、 方位磁石や磁石人形作り、鉄を磁石にする実験などが行える実験キット。 生活の様々なシーンで使われいている磁石は、子供の身近な研究材料としてもぴったり。 学校の授業で習う内容から更に踏み込んだ知識を身につけたいお子さんにもオススメです。

新学研キットボックス 太陽パワー実験は、 ソーラー電池とモーターで動かすソーラープレーンや太陽の光を分けて虹色を作り出すCD分光器など、20以上の光を使った実験が行えます。 エコやクリーンエネルギーが注目されている今、ソーラー実験は自由研究のテーマとして大変人気があります。 短期間で多くのことが調べられるキットなら、お友達に差をつけられそうです。

新学研キットボックス 音は、 目に見えない音を形として体験できる実験キット。バネを使った糸電話ならぬバネ電話実験や声の振動で塩に模様をつける実験などが行える実験キット。 「なぜ音が聞こえるのか」「なぜ音には高低・大小があるのか」といった疑問はテキストやドリルだけで理解するのは難しいものですが、 こうした実験キットを使えば手軽に理解を深めることができますね。

新学研キットボックス 水のふしぎ実験は、 ペットボトルの渦巻き実験や強力水鉄砲を使った実験などが行える実験キット。 20以上の実験を行うことができます。ペットボトルは付属していませんので、ご家庭のものを使ってください。

新学研キットボックス かがみ実験は、 ぐにゃぐにゃ曲がる鏡や明るさによって透けて見える鏡などがセットになった実験キット。 20以上の実験を行うことができます。 万華鏡を作って自由研究に添えてみるのもよいでしょう。

いかがでしたか?

実験キットの内容によっては結果が出るまで数日かかることがあります。 「新学期までに実験を終えなければ!」と焦っている場合には、パッケージの注意事項をよく読んでから購入するようにしてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。