幼児向けのパズル

イメージ 形や絵柄を合わせる、単語を作る、数を並べる、立体を作る等、パズルの種類は多様ですが、 子供自身が考え、完成させることで達成感を得られるという点は共通していますね。
パズルは、遊びながら考える力・集中力を養うのに適した玩具と言えます。
インターネット上に公開されているパズルは、絵合わせや神経衰弱が圧倒的な数を占めています。
短時間で完成させられるものがほとんどですので、 「あまり長時間ゲーム的なものに触れさせたくない」とお考えの場合でも、 時間を決めてお子さんと楽しむことができますね。
使い方はサイトによって異なりますので、まずは保護者の方が試されてから、 遊んでみてください。

パズルで遊べるサイト

新じゃじゃのホームページ絵本(ゲーム > パズル)こどもらんど(TOP > ジグソーパズル)では、 9ピースから25ピース程度のジグソーパズルに挑戦することができます。 マウスドラッグで正しい位置にパズルピースを並べていくジグソーパズルは、マウス操作の練習にもなりますね。

胡桃の森(TOP > こどもの森 > えあわせゲーム)や、 アルプスの少女ハイジ(TOP > ゲーム)それいけ!アンパンマン(TOP > ゲーム)では、 お馴染みのキャラクター達の絵合わせゲームを楽しむことができます。
世界各国の言葉でマクドナルドの商品を注文してパズルを完成させる マクドナルド 世界地図パズルもユニークなパズルとして楽しめるでしょう。

文字学習や数学習にも有効な学習系パズルは 親子Deパズル(TOP > ペンシルパズル) 、簡単な迷路から数字やアルファベットをつないでいくパズルまで、 プリントアウトして楽しむパズルゲームが豊富に紹介されています。

お子さんの学習能力に合わせて楽しめるゲームを見つけてあげてください。

遊びの中から考える力をつけよう

イメージ 集中して物事に取り組み、自分で考えることは、幼児期のうちから習慣づけたいことの1つです。
しかし、楽しいからと長時間パソコンに向いっぱなしになるのも困りもの、 ゲーム性のあるコンテンツでは、子供が夢中になりすぎることがあります。
何ども遊びたがる場合は、前もって時間や回数を決めておくなど、 ご家庭で約束事を作って楽しんでください。
集中している時間は口を出さずに見守り、集中力が途切れたら他のことに取り組んでみたり、 時間が経ってから改めて遊んでみてくださいね。

頭の体操-ネットでパズル編関連URL

頭の体操-ネットでなぞなぞ編
頭の体操-ネットで迷路編
幼児向け知育ソフトを探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。