カトリーヌ・ドヌーブやブリジット・バルドーなど、多くのセレブを魅了した仏ブランドrepetto(レベット)。大人用バレエシューズやレオタードといった印象が強いのですが、子供靴も作っているのです。今回は、触れるとその質感にうっとりしてしまうrepetto(レベット)をご紹介します!

<CONTENTS>
1ページ目:セレブを魅了し続けるrepetto(レベット)
2ページ目:見ると欲しくなる!repetto(レベット)子供靴
3ページ目:repetto(レベット)親子ペアのススメ

セレブを魅了し続ける
repetto(レベット)

レオタード・バレエシューズだけじゃない、repetto(レベット)外出用シューズ親子ペアのススメ
公私を問わず、repetto(レベット)を愛用したブリジット・バルドー
1947年パリのモンマルトルにある小さなアトリエで、ダンサーとして活躍する息子のためにバレエシューズ作りを始めたローズ・レベットが設立したブランド「repetto(レベット)」。1948年からトゥシューズと同じつくりで外出時にも履けるバレエシューズを作り始め、ブリジット・バルドーが主演映画『素敵な悪女』にrepetto(レベット)の靴を履いて出演したことで、その名は一躍有名に。

ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーブ、ジェーン・バーキンなど、repetto(レベット)を愛した著名人は多数ですが、中でもブリジット・バルドーは仕事の時も休日時にもrepetto(レベット)愛用し、彼女のために考案された「サンドリヨン」シリーズを全色揃えていたそう。

私自身大好きなブランドrepetto(レベット)、実は子供の靴も作っていたのです……。

>>次ページは見ると欲しくなる!repetto(レベット)子供靴>>