お着替え一番になる!ベビー子供服選びのポイント・ベビー子供服ブランド・一押しアイテムをご紹介します!
お着替え一番になる!ベビー子供服選びのポイント・一押しアイテムをご紹介します!
【画像提供:赤すぐnet
3月ももう中旬。もうすぐ入学・入園式ですね!入園・入学準備はおすみですか?

今回はそんな季節に合わせ、「お着替えで1番になる!」子供服選びのポイントや「着やすい」「かわいい!」を両立するガイドオススメのブランドまで、用意したい通園のための子供服をご紹介します。「わが子が入園する幼稚園は制服」というママも、家庭で着替えするときに役立つので、ぜひ!
<CONTENTS>
1ページ:幼稚園・保育園服には避けたいアイテム
2ページ:着替えで一番になれる?ベビー子供服選びのポイント
3ページ:ガイドイチオシ!ブランドトップス
4ページ:ガイドイチオシ!ブランドボトムス
5ページ:「カラフル」で差をつけよう!

家庭と園服の違いは?

幼稚園・保育園準備
幼稚園・保育園は、ベビーキッズがママから離れ、初めてかかわる社会です
そもそも、家庭と幼稚園・保育園の違いは何でしょう?端的に言えば、
  • ママが近くにいないこと
  • 周囲に同じ年の子供が沢山いる集団生活になること
です。それでは、どんな子供服を用意すればいいのでしょうか?

かわいいけれど、園服には避けたい服

入園してすぐに、子供が「何でも自分ひとりでやらないといけない」ということはありません。自分で着ることができない場合は、もちろん先生が手伝ってくれます。

しかし、自分で着脱できる服は、子供の自信・自立につながります。その気持ちを後押しして上げることができるような、少しでも着替えやすい服を用意してあげましょう。

ずばり通園に適さない服は

■ウェスト部分
  • ボタンを留めたり、金具をかけるタイプ
  • リボンやひもなどを結ぶタイプ
  • ベルトが付いているもの

■上着(トップス)
  • 背中・肩にボタンがあるもの
  • リボンなどの、外れてしまう可能性のある装飾類
  • 袖が長く、遊びの邪魔になってしまうもの

■ボトムス
  • 裾が長いもの
  • ロングスカート

■素材
  • 硬い素材
  • ベビーキッズの動きを妨げるもの
  • アイロンかけが必要なもの
風紀委員のようになってしまいましたが、自分で着脱できる自信は、「これも自分でやってみよう!」という次への行動へとつながります。

>>通園通学に適した子供服とは?>>