ベビー服子供服に使用されている素材は、婦人服や紳士服などに比べてもこの何十年間もあまり新しい素材が主流になることがありませんでした。

やはり、子供服は「天然素材」志向が大変強く。
綿100%の服がやはり主流になっています。
天然素材といってもウールは値段も高く、安いものは肌触りがよくないため敬遠されがちです。

その他よく使われる素材としては、ナイロン、アクリル、ポリエステルなどの化学繊維がありますが、フリース(ポリエステル)や防寒着(ナイロンなどが多い)を除いてあまり使われることがありません。


婦人服市場では、次々に新しい新素材が投入されているのに、子供服市場はやはり保守的のようです。