胎盤を押し出す陣痛も大切

赤ちゃんが出ていったら通常の陣痛はぴたりと止まりますが、やがて胎盤を出す陣痛が来ます(分娩第三期の陣痛)。陣痛に較べればものの数ではないほどの軽い痛みですが、これがなければお産が終わらない大切な陣痛です。

出血をとめてくれる「総仕上げの陣痛」

胎盤が出ると、子宮は一気に縮む必要があります。胎盤がはがれた部分は血管が開いているので、縮んだ圧迫で止血をしなければたくさん出血してしまいます。これは、ときには命にかかわること。

子宮はこの時点で、なんと、おへその下まで縮んでしまいます。お産の総仕上げというべき見事な陣痛ですね。 
 

子宮を妊娠前の大きさに戻していく「後陣痛」

子宮が元の大きさに戻るための産後の収縮も、陣痛の仲間です。「後陣痛」と呼ばれます。入院中は時々感じるでしょう。ふたりめ以降の人は子宮を戻す力が多めに必要なので、痛みがきついことがあります。そんな時は痛み止めをもらって休むようにしましょう。

普段の子宮はニワトリの卵くらいしかありません。そこまで戻るには1ヶ月あるいはもっとかかります。後陣痛はそれほどは続かないのが一般的で、入院中になくなることが多いでしょう。

~あわせて読みたい陣痛についての記事~
お産のサイン・始まり方・陣痛
気になる陣痛…どんな風に痛いの?
「陣痛」を他の言葉で
前駆陣痛と本陣痛の違いって?
出産予定日を過ぎても陣痛がこない場合
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。