産院が減り、残っている病院に妊婦さんが集中しています。妊婦健診は、今どの程度混雑しているのでしょう?「待ち時間」と「診察時間」を調べてみました。

妊娠・育児サイト「ベビカム」とガイド河合の共同調査
「1100人の妊婦・母親の声-産科医と妊婦健診をめぐる実感調査」報告 その4

妊婦健診の平均待ち時間は49.9分

ninpukensin.jpg
妊婦健診の待合室はたいてい妊婦さんでいっぱい。
2007年に出産した人403名の待ち時間の平均値は49.9分でした。1時間弱というところです。他の質問で妊婦健診に「行くと疲れる」という印象があるかどうかを聞きましたが、1時間を超えると8割以上の人が疲労感を感じることがわかりました。

診察時間の平均値は15分

さて、1時間近く待ったあと名前を呼ばれて診察になります。その後、先生と話せる時間はどれくらいでしょう?この平均値は15分でした。

産院が少ない地域ではさらに厳しくなるきざし

2007年に出産した人のこの値を、2006年、2005年に出産した人と比べると変化は見られませんでした。出産施設は毎年1割程度の勢いで減ってきていますが、多くの施設は今「分娩件数の制限」をしているので、大きな変化になっていないのだと思います。

ただ「周囲の出産施設が少なくほとんど選択肢がない」と答えた人たちでは、診察時間は少し短くなっていました。

【周囲の状況と診察時間の平均値】

・周囲に出産施設が多数ある人 15.4分
・まあまあある人 14.4分
・ほとんどなく選択肢がない人 13.6分

今後、産院がさらに減っていくと、さらに待ち時間が長く、診察と時間が短くなる可能性はあります。限られた時間しかない厳しい状況ですが、少しでも産院との人間関係を深めたいものです。

>>出産した人や妊婦さんの声はこちらから>>