こんな症状が出ている夫婦は「冷えている!?」

あなたの夫婦仲、冷えていませんか?

あなたの夫婦仲、冷えていませんか?

9月になり、やっと朝晩に少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。秋といえば1年中で一番結婚式の多い時期とも言われています。男女が出会い、愛情を育み、そして行う結婚式は二人の新しい生活のスタート。ここを起点として、夫婦愛はどんどん高まって行くはずなのに、実際には結婚式が二人の愛情の頂点。あとは下降するのみ……。といった真逆の例もよく見られます。

例えば以下のような症状が夫婦仲に出ていませんか?

  1. 食卓で「報告」「連絡」以外の会話がない
  2. 車の中で沈黙が続く
  3. 1ヶ月以上キスをしていない
  4. 子供抜き、夫婦水入らずのお出かけを1年以上していない
  5. 結婚記念日など「記念日」のお祝いをしない

思い当たることが多い方は、既に夫婦の愛情カーブはかなりの下降線を描いているかもしれません。残念なことに、夫婦愛、尻の肉やバストラインと同様、何もしなければ、万有引力の法則に従って(笑)下降していきます。それに逆らって上向きな状態を保つには努力が必要です。小さなことでいいからコツコツと、そして楽しみながら続けることが効果的・・・。というのは夫婦仲の向上もヒップアップも同じことです。

では、下降線の描き、冷えつつある夫婦仲、あるいは既にすっかり冷えてしまった夫婦の愛情をもう一度温めるにはどんなコツが必要なのかをご紹介していきましょう。


気付きと言葉が第一歩

■冷えきった夫婦関係を温めるコツ1
まずは当たり前になっていることを見直しましょう。ラッシュアワーの中、毎日仕事に行き、お給料を家に入れてくれること。家に帰れば夕食やお風呂の用意ができていること、すべてパートナーの無言の努力が隠れているのです。「当たり前」にみえることですが、決して「当たり前」ではないのです。そこにまず気づき、感謝の気持ちを持つことが大切です。

■冷えきった夫婦関係を温めるコツ2
気持ちは言葉にして伝えましょう。「言わなくても夫婦なら分かる」は誤った思いこみ、「口にするのは照れ臭い」は子供っぽいプライドです。パートナーの無言の努力、思いやりや優しさに気づいたら、しっかりと感謝、敬意、褒め言葉を、声に出してパートナーに伝えましょう。

次のページでは、さらに一歩進んだ夫婦仲への働きかけをご紹介 >>