暮らすように旅する、ホリデー・アパートメント

ホリデー・アパートメント

ホリデー・アパートメントは、シャレースタイルと呼ばれる木造りの建物が多い 画像提供:スイス政府観光局 www.myswiss.jp

ホリデー・アパートメントとは、週末から一週間単位で借りることができる長期滞在用の休暇設備です。ホテルと比べて割安に泊まれるため、スイスやヨーロッパからの滞在客に人気。

ユングフラウ地方にも、グリンデルワルトやヴェンゲンを中心にたくさんホリデー・アパートメントがあるので、一ヶ所にじっくり腰を落ち着けて旅行する場合は、検討してはいかがでしょうか?

 

ホリデーアパートメントを予約しよう

原則として土曜チェックイン、翌週土曜チェックアウト(7泊)の一週間単位が基本。目的地への到着が土曜になるよう、上手く曜日を合わせて計画を立てるようにしましょう。

各物件はそれぞれ持ち主がいますが、現地観光局のホームページで一覧にしており、設備、料金、場所、空き状況などをチェックできるようになっています。
※「APARTMENTS」のボックス内リンクに星別のリストを掲載

英語でメールのやりとりに自信のある人は、上記のようなサイトを経由して予約が可能です。また、現地では英語で最低限の意思疎通が必要になります。最近はホリデー・アパートメントを組み込んだツアーや、オーダーメイド型の旅行で手配が可能な旅行会社も出てきているので、言葉に自信がないという人でも安心して利用できるようになってきました。

設備や条件は、各々の物件によって千差万別ですが、ホテルと同じように、星の数によって5段階のランクに分けられています。星の数が多くなるほどランクが上がり、5つ星は最高ランクとなります。

ホリデー・アパートメントのメリットは?

■メリット
  • 宿泊料金が割安につく
  • 自炊できる分、現地での出費(食事代)も押さえることができる
  • 自分の好きなものを好きな時間に食べることができる
■デメリット
  • ホテルと比べて早い段階で予約が埋まることが多い
  • 予約や取り消し条件がホテルと比べて厳しい
  • ホテルのサービスは付いていない(タオルの交換、トイレットペーパーの補充など)
  • 英語で最低限の意思疎通が必要(キッチン用品の使い方やゴミの出し方など)

ホリデー・アパートメント選び方のポイント

物件を選ぶ際は、料金や設備が重要なチェックポイントですが、忘れてはならないのが立地。自分の車で移動することが多いスイスやヨーロッパからの旅行客と違い、公共交通機関の利用が中心の日本人旅行者にとって、駅やスーパーマーケットから離れた位置にあると大変です。なるべく駅とスーパーマーケットに近い物件を探すようにしましょう。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。