金・銀・プラチナ/金・銀・プラチナ投資の基礎を学ぼう

純金積立、金地金…金投資の種類と選び方(2ページ目)

金投資には、純金積立、金貨、金地金、金ETF、金の投資信託、金の先物取引など様々な種類があります。金に興味があっても、自分に合うものが分からないという人のために金投資の種類と選び方を解説します。

横山 利香

執筆者:横山 利香

投資をはじめてみようガイド

  • Comment Page Icon

投資金額で金投資を選ぶ

あなたは、金への投資としていくらぐらいを予定していますか?
金投資の種類によって最低必要である資金額がそれぞれ変わってきます。よって、どの程度の金額から投資を始める予定なのかで金投資を選ぶという方法もあります。

一番資金が必要になるのは金地金です。簡単に言うと、金の延べ棒を購入するわけですから、最低でも百数十万円程度の資金が必要になります。

金貨の場合にはぐっと少なくなり、数万円程度から購入できます。さらに少額から投資できるのが純金積立で、毎月数千円程度から手軽に投資を始められるます。

そして、金ETFと金の投資信託は投資信託ですから、数万円程度から投資を始めることができます。金の先物取引も同様で、数万円程度から投資を始めることができます。

金ETFや金の投資信託、金の先物取引の場合、少額で始められますし、売買にかかる手数料も低額になっていますので、投資の一歩としては始めやすいと言えます。ただ、株等と同じく価格変動リスクに常にさらされることになりますので、どちらかと言えば短・中期向きの投資と言えるでしょう。

実物の金に投資したいか否か、投資金額はいくらかなどを明らかにして、自分に合った金投資を選んでいくと良いでしょう。 気になる投資が見つかったら、金投資の購入方法について「鉱山会社、銀行…金はどこで買えるの?」でチェックしてみて下さい。

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます