第3位 2人を縦列に乗せられる
ダブルストローラー(フィル&テッズ)

 二人のシートが上下で重なり合う部分が大きく、並列させるよりもコンパクト【画像提供<a href="http://www.amazon.co.jp/dp/B000O5MRHA/?tag=aajg-793-22&linkCode=as1&creative=6339allabout-22" target="_blank">Amazon</a>】

二人のシートが上下で重なり合う部分が大きく、並列させるよりもコンパクト

初めてこのベビーカーを見かけたのは、代官山でした。もともとおしゃれなベビーカーで颯爽と歩いている人が多い町ですが、さすがにこのベビーカーを見たときには度肝を抜かれました。3輪タイプやエアタイヤのベビーカーはいくつかありますが、2人の子供を縦列に乗せてしまうのは、フィル&テッズくらいではないでしょうか。

気になって調べたところ、縦列ならではのメリットがたくさん見えてきました。まず車体の幅が62cmで、私鉄の広めの改札であれば通れること。2階建てのような構造により奥行きもそれなりにコンパクトで、乗れるエレベーターが多いこと。小回りが効きやすいこと……。赤ちゃんを並列に座らせるベビーカーではできなかったことが、このベビーカーならクリアできそうです。

タイヤは12インチのエアタイヤが、車軸にはボールベアリングが使われています。そのため転がりも非常に滑らかで静か。ある程度のオフロードも走れてしまいそうです。

パタンと二つ折りするイメージで、簡単に折りたためる【画像提供<a href="http://www.amazon.co.jp/dp/B000O5MRHA/?tag=aajg-793-22&linkCode=as1&creative=6339allabout-22" target="_blank">Amazon</a>】

パタンと二つ折りするイメージで、簡単に折りたためる

リクライニング機構やオプションのコクーン(ベビーキャリア)を使えば新生児も乗せられます。後部座席は取り外せば一人乗りベビーカーになりますし、はずした座席もオプションのレールを組み合わせればバウンサーに変身。パパが喜びそうなギミックにあふれたデザインで、ベビーカーライフが楽しくなること間違いなしです。

標準サイズ:W620xD1100xH1200mm(折りたたみ時:W620xL850xH350mm)
重量:13kg
対象年齢:新生児~4歳
機能:防水ウォッシャブルシート、足元ストッパー、タイヤカバー、大容量の荷物入れなど
価格:8万9775円