シンガポールの両替事情

説明写真

チャンギ国際空港到着ゲートにある両替カウンター。旅行者はここを利用するのが便利

シンガポールで使用されている通貨はシンガポールドル。2011年5月20日現在1シンガポールドル=66.08円なので、10,000円で約151シンガポールドルに両替できることになります。

シンガポール国内では、銀行、ホテル、空港はもちろん、街中、ショッピングセンター内にも両替商があり、両替ができなくて困るということはあまりないでしょう。ほとんどの場所でクレジットカードも使用できますので、現金が必要になるのは、ホーカーやファストフード店での食事や小さな商店での買い物、タクシー(カードも使用できます)利用時ぐらい。あまり大金を両替する必要もありません。3泊4日ほどであれば、とりあえず2~3万円ほど両替しておけばいいのではないでしょうか。

短期滞在者は空港の両替カウンターを利用

まず、空港を含め日本国内でシンガポールドルに両替するのはかなりレートが悪いので避けたほうが無難……。短期滞在の観光客に一番おすすめなのが、シンガポールチャンギ国際空港での両替です。荷物をカウンターで受け取りゲートを出ると、すぐに両替のカウンターが2軒あります。こちらは金融機関の経営なのでレートは適正、しかも24時間営業なので到着時間を気にすることもありません。街中の両替商とレートとの差もさほどないので、短い滞在時間を有効に使うためにも、到着後すぐに空港で両替してしまうのがおすすめです。

街中での両替

説明写真

ATMはさまざまな場所で見かけることができる

シンガポール国内の両替でレートのよさは、街の両替商≧空港≧銀行>ホテルといった順。何十万もの高額な両替をしない限り大きな差はありませんが、ホテルでの両替は緊急時以外、利用する必要はないと思います。銀行もかなり込み合っているので、せっかくの旅の時間を有効に利用するためにもあまりおすすめできません。

それでは街中で両替が必要になった時には、どうすればいいのか。シンガポールでは中心部のショッピングセンターには必ず両替商が入っていますし、百貨店など、両替商を兼ねた店舗もありますので、すぐに見つけられるはず。また、ATMも日本以上に設置されているので、国際キャッシュカードを持っていれば、自分の預金をシンガポールドルに換算して引き出すこともできます。

 

一般的にシンガポールでレートがいいと言われている両替スポットは……
    説明写真

    旅行者にも見つけやすい、オーチャードロードのラッキープラザ。両替商が多く入っている

  • オーチャードロードにあるラッキープラザの地下1階
  • リトルインディアにある24時間営業のムスタファショッピングセンター
  • チャイナタウンにあるピープルズパークセンターの1階
などが有名ですが、わざわざ交通費を使って出向いていくほど、他とのレートの差はありません。これらの界隈で両替が必要になった時に利用するぐらいでいいと思います。街中の両替商はそれぞれのレートがあるので、しっかりとチェックをしてください。交渉次第で少しレートがよくなることもあるので、トライしてみるのもいいかもしれませんね。

 

説明写真

日本では見ることができない? コンビニと両替商が混在

他に、コンビニエンスストアの一部が両替商を兼ねているところもあります。旅行者が利用しやすい場所では、上記ラッキープラザにあるセブンイレブンだと思います。こちらも気軽に利用できるという点ではおすすめの両替スポットです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。