外貨のままで引き出せるのが外貨預金のメリット

外貨預金を始めるとき気にする人が多いのが、外貨のままで引き出したり預け入れたりできるかどうか、という点。特に旅行好きな女性が重視するポイントです。あらかじめ外貨預金を始めておくと、旅行直前に急に円安が進んでしまった…なんてことも回避することができます。

帰国後には、余った現金をそのまま外貨預金に預けることができるのも魅力。次回の旅行までの間、金利を受け取ることができてお得です。

外貨のままで引き出せる金融機関をチェック

外貨のままで引き出したいというニーズは多いのですが、すべての金融機関で可能なわけではありません。大手銀行なら利用可能なことが多く、三菱東京UFJ銀行の場合、米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなど(※)の現金引き出しが可能(通貨ごとに所定の手数料が必要)です。

こうしたサービスを行っていない場合でも、サービスのある金融機関へ送金してから引き出すという方法もあります。また、外貨預金の一部を宅配してくれるケースもありますが、おこずかい程度の金額を外貨のままで使う頻度が高いなら、その金融機関で直に引き出したり預け入れたりできる方が便利でしょう。

※一部店舗では取り扱いできない場合があります

為替手数料がお得になることも

金融機関は定期的にさまざまなキャンペーンを行いますが、その中には外貨預金の為替手数料を割り引くという内容のものもあります。こうしたキャンペーンを利用して外貨預金をはじめておくと、円から外貨へ直接両替するよりもお得になる場合が多いので、利用してみるのもいいかもしれません。キャンペーンは、一般的には年2回のボーナスシーズンに開催することが多いようですが、詳細は各金融機関のWebサイトを確認してくださいね。

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。