ワンポイントでもインパクト大! フラワーチェーン

つづいてサイドタイプのレシピです。流れるようなラインのビーズモチーフが、さりげなくて上品。大人っぽいデコを楽しみたい方におすすめです。
*手順中の画像は、クリックすると拡大表示できます
基本の「8の字編み」ベースなので、初心者さんでも簡単!

基本の「8の字編み」ベースなので、初心者さんでも簡単!


■材料
  • 丸小ビーズ グレーAB×ゴールドライン……44個
  • 淡水パール 約2mm 白……30個
  • 爪付きローズモンテ 3mm……3個(なくても可)
  • テグス 2号 透明……60cm
  • デコレーション用接着剤
  • 透明マニキュア(なくても可)

 

1. テグス中央(黄色★)に淡水パール5個通し、図のように編む。(10.gif)



 

 

2. 続けて、赤・青で記したテグスにそれぞれ丸小ビーズを通し、淡水パール1個で交差する。



 

 

3. 青で記したテグスに淡水パール4個通し、赤のテグスを交差。そのまま、手順2で編んだ丸小ビーズに、青のテグスをくぐらせる。


 

 

4. 以下、図を参照にしながら編み進む。



 

 

5. 図のように編み戻り、図の紫●の位置でテグスを2回ほど結ぶ。あまったテグスでさらに編み戻り、適当な位置で切る。



 

 

6. 編んだモチーフを、接着剤でケースに貼り付ける。一回で貼りにくいときは、まずモチーフのどこか一箇所にだけ接着剤をつけて乾かし、「仮止め」をする。その後、他の部分にも接着剤をつけて固定する。好みで、丸小ビーズの穴の部分に、爪付きローズモンテを埋め込む。


 


■アレンジ1:スワロで輝きと彩りをプラス!
淡水パールをスワロフスキークリスタライズ♯5301 3mmにチェンジ。色も3色使って、変化をつけました。標準レシピよりもやや大きくなるので、モチーフが浮き上がらないように、しっかりと貼り付けましょう。
undefined

 


■アレンジ2:天然素材でナチュラル感をプラス!
淡水パールを珊瑚2mmに。女の子らしいアレンジが出来ました。丸玉2mmを使用すると、標準レシピよりもやや小さめに仕上がります。天然素材のほか、パールなどでも応用できますよ。
微妙な色合いや質感が天然石の魅力。高級感もアップします

微妙な色合いや質感が天然石の魅力。高級感もアップします


素材を入れ替えると、イメージが大きく変わります。あなたらしいデザインを考えて、世界にひとつだけのおしゃれなiPhoneケースを楽しんでくださいね!


ビーズを購入する際のご注意

ビーズは同じ形状・サイズ表記のものでも、メーカーによって実際の大きさや真円率にばらつきがあります。まれに、モチーフの穴にパールなどがうまく埋まらないこともあるので、確認したうえで材料を揃えてください。

また接着剤は、必ず用途に合ったものを選んでください。ゆっくり乾くタイプが多いので、接着後はあまりいじらず、動かさないように注意しましょう。


【関連サイト】
アップル iPhone
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。