自然をイメージする名前は、まず自然界の何をテーマにするのかを決め、そのテーマに関するキーワードを選び出して作っていきます。
 

自然といってもいろいろある

あ

自然にもいろいろ。テーマを決めてから名づけを

最近非常に多くなっている名づけです。現代人が自然と接することが少なくなり、いかに自然を求めているかということのあらわれでもあります。大自然をイメージしながらの楽しい名づけになります。

よく「自然を表す名前にしたい」とおっしゃるかたもいますが、自然といってもいろいろありますから、テーマを決めないと名前が作れません。人気のあるテーマは、春、夏、秋、冬という季節、そして山、海といった大きな自然、星、太陽などの天体、花や樹木といった植物、そのほか光や音、といったものです。
 

自然をイメージする名づけの手順

たとえば秋という季節をイメージした名前を作りたい時は、秋に関する言葉や文字、いわゆるキーワードをあげていきます。秋でしたら、

秋・収穫・みのり・果実・月・梨・馬・みのり・体育の日・神無月・銀杏・紅葉・星空・稲穂、……

などといったキーワードが浮かんできます。そしてそのキーワードを使った名前を作っていくわけです。

秋の字を使う → 秋輔、秋華、秋音、秋斗、秋乃、……
「みのり」という呼び名で → 美乃莉、美乃里、……
果実を表す名前 → 果穂、実果、梨奈、果織、……

というふうに、いろいろな名前が作れます。

ただし自然をイメージしたことが必ず他人にわかるとは限りません。たとえば神無月にちなんで「栞奈」と名づけても、他人は秋のイメージだと分かってくれるとは言い切れないのです。

※画像提供 子供や赤ちゃんのイラストわんパグ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。