簡単ではないマンション選び

「駅近であるコト」
「都心へのアクセスが良いコト」
「周辺に生活利便施設が整っているコト」
「南向きかつ日当たりが良いコト」
「住環境が良いコト」
「設備・仕様が良いコト」
「信頼できる売主であるコト」・・・・・・などなど

マンション選びの際の希望条件は数多いが、その全てに満足が得られる物件に巡り会えることは決して多くない。残念ながらいくつかの条件を妥協するのが一般的で、エンドユーザーに対してマンション購入に関するお話をする機会には、「優先順位をしっかり決めてください」とアドバイスするのが常である。

そんなマンション選びにおいて、いわゆる地元周辺や沿線のユーザーはもちろん特定のエリアにこだわりが無く、広い地域で検討しているユーザーに必ず見ていただきたい物件が、今回ご紹介する「パークハウス上石神井」である。なぜなら一般的に見て、マンションに求める条件のほぼ全てを満たす“欠点の見当たらないマンション”と思えるからである。
 

“真南”を広く見晴らす「パークハウス上石神井」建物完成予想図undefined※図面を基に描き起したものに、現地付近の風景(平成22年4月撮影)を合成したもので、実際とは異なります

“真南”を広く見晴らす「パークハウス上石神井」建物完成予想図/※図面を基に描き起したものに、現地付近の風景(平成22年4月撮影)を合成したもので、実際とは異なります
 

南向きの豊かさと急行停車駅徒歩3分の快適さ

マンションも“住まい”の一つのカタチだから、重要なのが南向きかどうかである。
特に日本人はその傾向があると言われている。四季があり、花鳥風月を愛でるお国柄だからなのか、住まいの開放感・明るさに関してのこだわりは非常に強い。

「パークハウス上石神井」は全邸南向きの住戸プランである。もちろん他にも同様なマンションは数多く存在している。しかし下のイラストを見ればわかる通り、南側が戸建てを中心とした閑静な住宅街であるため、その開放感・明るさはより大きなものとなる。
 

現地周辺エリア断面イメージ図。南側の開放感がよくわかる

現地周辺エリア断面イメージ図。南側の開放感がよくわかる

 

現地6階相当から撮影(平成22年3月)したものに一部CG合成しています

現地6階相当から撮影(平成22年3月)したものに一部CG合成しています


しかも全27邸のうち16邸が角住戸の設定。上階にはルーフバルコニー付のプランや間口12.5mのワイドスパンプラン。さらに1階住戸には面積にして約25~26m2、概ね8畳間2つ分という広いテラスが4住戸全てに付いている。小規模なマンションの限られた選択肢の中で、実に多彩なプランが盛り込まれている。

加えて重要なポイントが、このマンションが練馬区の急行停車駅から徒歩3分の場所に建つということである。マンション選びにおいて“駅近”人気は高いが、それが23区内であればなおさらであろう。しかもビルや飲食店に囲まれるような場所ではない。駅からの徒歩3分は商店街、駅ビル内にはスーパーもあり、生活利便性は非常に高い。
 

現地案内図


<現地周辺図>駅から徒歩3分の利便性に加え、商業エリア・文教エリア・住宅エリアの交差する好立地に「パークハウス上石神井」が誕生する


また「地縁の無い広域で探しているユーザーにも見て欲しい」理由の一つはアクセスである。最寄りの「上石神井」は急行停車駅なので、わずか2駅12分でJR・東西線の乗り換え駅「高田馬場」へ。そこから東西線利用で「大手町」までが合計で26分の近さである。もちろん直通の「西武新宿」なら15分だ。

次ページでは、随所に盛り込まれたこだわりのアイディアについて。