高額の延滞料を請求された場合

原則は延滞料を払わなければいけないが……

原則は延滞料を払わなければいけないが……

久しぶりに近所のレンタルショップに行ったときのこと。私がDVDをレンタルしようとカウンターに会員証を差し出したら、店員さんに「返却されていないDVDが3本ございます。本日はこのDVDをお貸しすることはできません」と言われてしまいました。そういえば3ヶ月前に映画を3本借りていたのですが、仕事が忙しくて返しに行くのを忘れていたようです。

すぐに家に戻ってDVDを返却したところ、店員さんに「返却期限から本日まで90日延滞されています。延滞料が1日につき300円、3本延滞されていましたので、合計8万1000円になります。」と言われてしまいました。私は延滞料を全額払わなければならないのでしょうか?

会員規約によれば支払義務あり

私たちがDVD等を借りる行為は、法的には、お客とレンタルショップとの間の賃貸借契約の締結行為にあたります(民法601条以下)。レンタルショップ店舗のカウンターには、通常「延滞料1日につき○円」と掲げられていますが、このような延滞料の定めは、民法上、DVDの返却が遅れたことによって生じた損害額等を事前に定めたものとされています(民法420条1項、3項)。DVD等をレンタルする前提として、私たちは、そのレンタルショップの会員規約等に同意した上でレンタルショップの会員になります。

そして、そのレンタルショップの会員規約には、延滞料について「返却予定日経過後にレンタルされた商品を返却した場合は、所定の追加料金をいただきます」との定めが通常記載されています。このような記載は先ほど説明したように、損害額を事前に定めたものですので、その会員規約に同意して会員になった以上、延滞料の支払いについて、「こんな延滞料支払う約束なんてしたつもりはない」と言い切ることは法律上難しいといえます。

したがって、延滞料について会員規約で定められていた場合には、この金額を支払わなければならないのが原則です。

では、相談のケースは全額支払わないといけないのでしょうか?