名前を変えることは原則としてできません。ただし特殊な事情のある人にかぎっては、家庭裁判所に名の変更の申し立てをすることができ、許可されれば改名はできます。
 

改名と作名の違い

あ

原則として名前を変えることはできない

世間では「名前を変えた」という話がよくありますが、これにはかなり誤解も広まっています。名前を変えたという話のほとんどは、改名ではなく作名なのです。改名と作名はよくまちがえられますが、まるっきりちがうことです。

改名というのは、戸籍の名前が変わることです。ですから戸籍が変わらないかぎり名前は変わりません。私たちが主観的に「変えた」と思っただけでは、名前は変わらないのです。改名をするには、正当な理由をそえて裁判所の許可をとり、戸籍を書き変えなければなりませんが、私たちのほとんどは正当な理由がありませんので、改名はできないということになります。

作名とは、戸籍と違う名前を作って使うことです。これは芸人、芸能人、作家、芸術家など、作品発表をするような立場の人には法的に認められています。その他の人が戸籍以外の名前を勝手に作って使うことは、厳密には法律違反になりますが、罰則もないので実際は野放しになってはいます。
 

名前は個人の持ち物ではない

本人が「名前を変えた」「これが私の名前だ」と思っているのなら、それが本人の名前なのだ、と主張する人もいます。でも名前は個人の持ち物ではなく社会の共有物です。私たち個人には、戸籍の名前を本当だとかウソだとか決める権利はないのです。戸籍に登録された名前だけが私たちの正しい名前であって、戸籍と違う名前を「こっちが本当の名前だ」と思っても、それは空想であって事実ではないのです。

それはなぜでしょうか。個人がある日思ったことをそのまま事実と認めたら、どの人がどんな名前なのか本人にしかわからなくなり、初めから名前の役目を果たさなくなってしまうのです。そして名前で個人を特定することができなくなれば、社会そのものが崩壊してしまうのです。

>> 名の変更の申し立てができる特殊な場合