名づけでは法律で決められたルールは少なく、あまり気にする必要もありません。それよりもなぜ法律で決められたルールがあるのかということ、また法律で決めていない道義的なことのほうが重要です。
 

法律で決められたルールはわずか

あ

法律で決められた名づけのルールは少ない

名づけにはどんなルールがあるのか教えてください、というご質問もよくありますが、名前に関して法律で決められていることはわずかです。

まず名前に使える文字の範囲が決められています(戸籍法施行規則第60条)。これは漢字で2930字体、そしてひらがな、カタカナで、私たちが日常使う字はほとんど使えますから、あまり気にすることではありません。

また名前を変更する手続きについては決められています(戸籍法第107条の2)。これも正当事由(社会的な理由)がなければならず、ほとんどの人には正当事由がありませんから、名前の変更はできないことになります。

また出生後14日以内に出生届を出すことが義務づけられており(戸籍法第49条)、出生届にはお子さんの名前を書く欄がありますから、名前も原則として14日以内に決めたほうがよい、ということにはなります。これもほとんどの人は決めています。
 

大事なのは、法律がある理由

このように法律そのものはあまり意識しなくてもよいのですが、なぜそういう法律があるのか、ということは非常に大切なことです。それは、名前というのは個人の持ち物ではないということです。「私の物だ、勝手に呼ぶな、書くな」とは言えませんし、気に入らないからといって捨てたり、変えたりもできません。なぜでしょうか?

個人がある日「今日から私はこの名前だ」と思ったことをそのまま認めたら、どの人がどんな名前なのか、本人にしかわからなくなり、名前をもつ意味はなくなってしまいます。契約書や領収書の署名も、学校の名簿も、病院のカルテも一切意味をなさなくなり、犯罪天国になって社会が崩壊します。

私たちの名前というのは、個人を特定し、社会を維持するためのものであり、国が管理する社会の共有物だということです。それを個人の持ち物のように思うのは、社会制度を真っ向から否定する発想になるのです。
 

道義的なルールを忘れてはならない

名づけに際しては、法律上の決まりのほかに、やはり道義的なルールというものも大切でしょう。

たとえば名づけのときに、他人から「字画を合わせなさい」と口を出されるケースは多いですが、名づけの際に占いに従うかどうかは個人の自由です。他人に占いを強要する権利など誰にもありません。

また「名前の読み方は親が自由に決めていいんだ」などと言って歩く人もいます。たしかに「名前の読み方を正しくしなさい」などとわざわざ法律で決めてはおらず、ふりがなをチェックしない役所も多いのは事実ですが、それを鬼の首をとったように、「だからどう読ませてもいいんだ」と言って間違った読み方の名前をつけたりしたら、まさに落第名づけです。法律で決められなければ、正しい読み方の名前がつけられないというのでは、親として、社会人として、あまりに悲しい姿です。

漢字は決まった読み方があるからこそ文字として機能するので、個人が勝手に読み方を決めるものではありません。間違った読み方の名前を「こう読ませる」などと他人に強要する権利など誰にもないはずです。

 ※画像提供 子供や赤ちゃんのイラストわんパグ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。