今年で創立50周年を迎え、さらに累計供給戸数(戸建・アパート・マンション全体で)が200万戸に達し、節目の時期を迎えている積水ハウス。200万戸というのは業界トップの実績です。そして現在は、「エコ・ファースト企業」の認定を受け環境にやさしい住宅の供給に力を入れています。

【積水ハウスの基本データ】

  • 注文住宅事業 鉄骨プレハブ住宅 
   2階建て 「IS」シリーズ 「Be ECOLDE」シリーズ
   3階建て 「BIENA」 「Gio-TRISTAGE」

実は世界一のハウスメーカー

積水ハウスについて一言で言うと、住宅業界のリーダー的存在。残念ながら売上高や賃貸住宅の面ではトップを他社に譲ってしまいましたが、戸建て住宅の分野では長く業界トップの地位を確保しています。逆に言うと、戸建て住宅のトップを何としても死守するという強いプライドが感じられる企業です。

今年1月に創立50周年を迎えた積水ハウス。累計供給200万戸を誇り、今も戸建て住宅のみならず住宅業界のリーダー的存在として事業を行っている

2010年1月に創立50周年を迎えた積水ハウス。累計供給200万戸を誇り、今も戸建て住宅のみならず住宅業界のリーダー的存在として事業を行っている

累計供給200万戸を突破しましたが、これは200万戸以上の住宅を建てた施主の想いを蓄積しているということ。とにかく、この会社の人たちは住宅のことを良く知っている、というのが、私がこれまで取材してきた印象です。

これはあまり知られていないことのようですが、累計供給200万戸以上、年間4~5万戸に達する企業というのは世界中どこを探しても他にありません。ですから、積水ハウスは世界一の住宅会社ということができます。近年、ハウスメーカーでは海外進出が行われるようになってきましたが、積水ハウスもオーストラリアなどに進出しています。

ここまでは、積水ハウスの基本的な特徴についてご紹介しました。次のページでは、その住宅づくりの姿勢などについて書いてみたいと思います。